Ondrej Stveracek 「Sketches」が200枚限定でアナログ盤化

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2019.08.21

    • LINE

    • メール
    ONDREJ STVERACEK / Sketches(LP)

    Sketches(LP)

    ONDREJ STVERACEK

    STVERY RECORDS / IMPORT / LP(レコード) / SR1902 / 1007959238 / 2019年08月21日

    • JAZZ
    • 試聴可能
    • レコード
    • 新品在庫あり
    • (翌日~翌々日に発送)

    4,320円(税込)

    • レコード
    • 新品在庫あり
    • (翌日~翌々日に発送)

    ※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

    ※LP
    全テナーファンにお勧めできる太鼓判作品Ondrej Stveracek 「Sketches」。
    ご本人にコンタクトを取り200枚限定でアナログ盤化が決定!!
    最初で最後のアナログ盤化になりますのでワンホーン好きの皆様はお見逃しなく!!


    2017年初入荷以来ワンホーン人気盤として愛聴されるチェコの実力派テナーマンOndrej Stveracekの1作「Sketches」。
    コルトレーンを彷彿とさせるモーダルなフレーズで縦横無尽に駆け抜けるエネルギッシュで白熱した演奏が全編に渡り収録、まさに"実力派"という言葉がピッタリはまるワンホーン好きの心を捉えて離さない傑作です。
    そんな傑作を是非アナログ盤で聴きたい!!という想いでご本人にコンタクト。今回200枚限定でアナログ盤化が決定しました。
    曲順もレコード化に伴いご本人がCDとは異なる順番に組み替え、CD作品をただLP化したわけではないアナログ盤ならではの楽しみ方ができるようにこだわりました。
    CDを愛聴した方も未聴の方も全テナーファンにお勧めできる太鼓判な1枚が遂にアナログ盤化です。最初で最後のアナログ盤化になりますワンホーン好きの皆様はお見逃しなく!!!!

    ----------------以下CD盤初入荷時のディスクユニオン新宿ジャズ館のコメントより
    ONDREJの名を知るジャズファンは余程のテナーマニアだと思うが、2010年の”What's Outside”が一部で熱狂的に支持された。何がそんなに支持されたのか?冒頭のオリジナル曲でその魅力は充分過ぎるほど伝わるだろう。
    とにかく鳴りっぷりが凄い。その聴き手を圧倒するようなテナーサウンドは黄金時代のジャズが持っていた熱気を呼び覚ます。そしてスタイルは豪放磊落、思いの丈すべてを管にぶち込もうとするようなストレートなプレイは、時代錯誤な程かっこいい。現代においてスティーヴ・グロスマンと肩を並べる程の稀有なテナーマンではないだろうか。2曲目"I Want To Talk About You"のバラードに於ける透明感、歌心もまた良い。沁みるプレイとはこういう演奏だと教えてくれる。ソプラノのモーダルな演奏も狂おしい輝きだ。メンバーは地元チェコのピアノ、ベースに加え、ドラムに名手ジーン・ジャクソンが加わり、ワンホーンというONDREJの魅力を最大限に発揮できるフォーマットとなっている。50年代のブルーノートのようなアートワークも嬉しい。全てのテナー好きにオススメしたい推薦盤。(羽根)

    ■Ondrej Stveracek (ts,ss)
    Gene Jackson (ds)
    Tomas Baros (b)
    Klaudius Kovac (p)

    • 前の記事へ

      ガブリエル・ラッチンのセカンド・アルバムがアナログ200枚限定プレス

      JAZZ

      2019.08.21

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      サックス奏者エリ・デジブリのハンク・モブレー・トリビュート・アルバムが入荷

      JAZZ

      2019.08.21

    • 一覧へ戻る