ディープな和ジャズ・コンピレーション「J-Jazz」の第2弾がリリース

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2019.09.11

    • LINE

    • メール



    シティ・ポップからニューウェーヴ、ニューエイジに至る様々なジャンルで近年爆発的な盛り上がりを見せるメイド・イン・ジャパンのミュージック・ライブラリーの中でも古くから海外で評価の高い、いわゆる「和ジャズ」の激ディープなセレクションでコンパイルし話題となった「J-Jazz」のまさかの第2弾が登場 !


    よりディープさを増したセレクションは BBE から正規リイシューも待たれる寺下誠・ミーツ・ハロルド・ランドによるアケタズ・ディスクの名盤『Topology』から「Dragon Dance」、『ビクター日本のジャズシリーズ』から日本が誇るビッグ・バンド、原信夫率いるシャープ & フラッツによる「Little Giant」( オリヴァー・ネルソン傘下 !)、サックス奏者、山口真文率いるワンホーン・カルテットが放つ、RSD2019 でのリイシュー呼んだ『リーワード』( 愛称“マブミの扇風機”、名盤 !) からサンバのリズムが強烈な「Distant Thunder」、スリーブラインドマイスに名作を数多く吹き込んでいる峰厚介の 73 年の名盤『Daguri』(『DEEP JAZZ REALITY』のビクター編でもピックアップ ) のタイトル・トラック、古くから和モノ・レア・グルーヴのクラシックとして知られるエレクトリック・キーボード・オーケストラ「Mother of the Future」( 驚く無かれアナログシンセ 20 台を駆使 !)、和ジャズ・ディスク・ガイド公式推薦、日本を代表する名ドラマー、ジョージ川口率いる Big4 による 69 年作『George And Sleepy』より「Vietnam」、アケタズ・ディスク・クラシックとして知られる宮坂高史クインテット『Soul Tomato』に収録された「Straight Road」、“精神性の高さ”とまで絶賛される、日本の風景をジャズに落とし込んだ、これぞ和ジャズと呼べる宮沢昭による屈指の名盤『いわな』より「Brown Trout」などなど、得意のスピリチュアル・ジャズを中心に 60 年代から 80 年代までを網羅した幅広い選曲に、和ジャズに対する深掘りと深い愛を感じざるを得ない圧巻の全 15 曲 (CD) を収録。(新譜案内より)