<予約>ビバリー・グレン・コープランド「Primal Prayer」がCD・LPで発売決定

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2019.08.23

    • LINE

    • メール
    BEVERLY GLENN-COPELAND / ビバリー・グレン・コープランド / Primal Prayer

    1986年に自主制作でひっそりとリリースされていたカセットテープ「...Keyboard Fantasies...」の再発見により、世界中の好事家の度肝を抜いたビバリー・グレン・コープランド 。その自主カセットのリリース以降、表立った活動は行っていませんでしたが、つい数年前にあったその再発見がきっかけとなりクオリティの高いそのディスコグラフィはアナログレコードやカセットテープで再リリース、遂には世界中でツアーをするまでになるという、誰も想像すらしていなかった(おそろく本人でさえも)まさにおとぎ話のようなストーリーが待っていました。
    そして、自身の運命を変えたと言ってもよい「...Keyboard Fantasies...」から18年後の2004年、変名"Phynix"でひっそりとリリースされていた現状の最新作がリイシュー決定。

    ミニマルな木琴と壮大なコード進行、クラシカルなボーカル、自身の人生と照らし合わせるかのように"Enjoy your life"と歌われる1曲目から感動的で、美しさと儚さが同時に込み上げてくるような歌唱は本作でも健在。より多くの人へ世界観を届けたい意志のようなものも感じられ、過去作にはないスケールの大きい楽曲も収録。近年のセットリストにはパーカッション・パートを組み込んでいるようで、本作にもプリミティブで奥深いパーカッションの楽曲も収録されている点もポイント。

    ビバリー・グレンの過去作に触れた方はもちろんのこと、昨今のニューエイジやアンビエントを聴くかたにも大推薦の1作。快挙です!!