名門ヴォーグ・レーベルから時代を越えたジャズ名盤の復刻アナログ盤が再入荷!

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2019.09.10

    • LINE

    • メール

    名門ヴォーグ・レーベルから時代を越えたジャズ名盤の復刻アナログ盤が再入荷!

    今回、名門ヴォーグ・レーベルから時代を越えたジャズ名盤の復刻盤(下記5タイトル)が再入荷。
    是非この機会に、素晴らしい新アートワークを施したジャズ名作をアナログ音質でお楽しみください!!



    ・Stan Getz Quartet / STAN GETZ
    ・From Gene Norman's Just Jazz / ART TATUM
    ・Originators of Modern Jazz / V.A (Dizzy Gillespie, Charlie Parkerなど)
    ・Pleyel Jazz Concert 1948 Vol.1 / DIZZY GILLESPIE
    ・Men At Work Vol. 1 / RED NORVO


    ▼▼▼入荷タイトルはこちら▼▼▼ 


     

    ●Stan Getz Quartet / STAN GETZ

    音源となっているのは、1950年5月、12月に行われた、Roostセッション(Session"A", Session"B")。
    当時のゲッツといえば、従来のスイング・スタイルから脱皮、ビバップのイディオムを吸収したクール・ジャズ・スタイルへ移行した時期にあたり、フレッシュでイマジネーション豊かなゲッツの演奏を聞くことができます。特に、このセッションがレコードデビュー作品となったホレス・シルヴァー(p)が参加している12月のセッション(B面)の演奏に聴かれるバンドのグルーヴ感は特筆すべきものです。


    ●From Gene Norman's Just Jazz / ART TATUM

    本作品の音源となっているのは、Gene Normanが制作した、49年LA録音のセッションで当初Columbiaから10インチとして発売された("Gene Norman Presents An Art Tatum Concert")もの。「1949年のロスアンゼルスのコンサートの全てにおいて、テイタムは完璧だ。ほとんどの曲で泣き叫ぶようなパッセージが綴られる。約8小節も続くアルペジオなど、到底他のピアニストには真似できないものだ。」(ジャズ評論家ホイットニー・ボーリエット)

    ●Originators of Modern Jazz / V.A (Dizzy Gillespie, Charlie Parkerなど)

    フランスVogue社が、1952年に制作したコンピレーションアルバムの復刻盤です。Dial、Savoyといった複数の米レーベルからフランス国内再販用に版権を取得していたフランスVogue社ならでは企画盤です。色々なアーティストのバップ初期の名演を1枚で聴けてしまうお得なアルバム!!

    ●Pleyel Jazz Concert 1948 Vol.1 / DIZZY GILLESPIE

    48年当時のディジー・ガレスピーは、すでにパーカーとの蜜月関係は解消方向で、自己のビッグバンドを結成しRCA(Bluebird)への録音など精力的な活動を行っていた。そんなディジーのビッグバンドがフランスのVogue/Swingレーベルで録音した一枚。ビバップとラテンの融合というアイデアを大胆に導入したビッグバンドのサウンドです。

    ●Men At Work Vol. 1 / RED NORVO

    本作品の音源のオリジナルは、Discovery盤 DL 3012「Red Norvo Trio Vol.1 ('51)」ですが、今回の復刻盤のアートワークは、上記Discovery盤を仏Vogue社が「Men At Work('51)」として再販した際のオシャレなデザインを下敷きにしています。また、アメリカ国内ではSavoy盤「Move! / The Red Norvo Trio With Tal Farlow, Charlie Mingus ('56)」として再発されていて、そちら(「戦闘機」ジャケ)のほうが日本では有名かもしれません。
    ヴァイブ、ギター、ベースという画期的なトリオ編成での活動を考えていたレッド・ノーヴォ(vib)に、当時ライオネル・ハンプトン楽団を離れLAに来ていたC・ミンガスの参加を強く勧めたのは、ジミー・ロウルズ(p)だったという。さらに、マンデル・ロウ(g)の口利きで当時全く無名だったタル・ファーロウ(g)が参加し、伝説の名トリオが成立する。その後のミンガス、ファーロウの大活躍の契機ともなったこのトリオ作品、新しい音楽を模索しようというエネルギーに満ちた名盤です。


    • 前の記事へ

      <予約>ジョン・コルベット著 工藤遥 訳「フリー・インプロヴィゼーション聴取の手引き」が発売

      JAZZ

      2019.09.10

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      ジャズファンのみなさまにオーディオユニオンが自信を持ってお薦めする厳選中古オーディオ情報『For Jazz Music ~ 中古オーディオ特集』

      JAZZ

      2019.09.10

    • 一覧へ戻る