サム・ウィルクス最新作「Live on The Green」のアナログ盤が発売

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2019.10.15

    • LINE

    • メール
    2018年ベストディスクとして挙げられる「Wilkes」から1年・・・
    待望の新作となるライブ盤が発売!!
    SAM WILKES / サム・ウィルクス / Live on The Green(LP)

    Live on The Green(LP)

    SAM WILKES サム・ウィルクス

    LEAVING RECORDS / IMPORT / LP(レコード) / LR161 / 1008000489 / 2019年10月15日

    • JAZZ
    • 再入荷
    • レコード
    • 新品在庫あり
    • (翌日~翌々日に発送)

    2,750円(税込)

    • レコード
    • 新品在庫あり
    • (翌日~翌々日に発送)

    ※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

    ※LP
    2018年のベストディスクとして、バイヤーやライターからピックアップされたサム・ウィルクス「Wilkes」から1年・・・待望の新作となるライブ盤が発売!!
    2018年のベストディスクとしてピックアップされ2019年5月にはASTROLLAGEより日本限定でCD化されたことも記憶に新しい実力派ベーシスト/コンポーザー、サム・ウィルクス。良質な作品を立て続けにリリース注目のレーベルLeaving Recordsから2019年最新作が発売!!
    待望の新作は名作「Wilkes」アルバム発売直後の2018年11月に行われたライブで構成。「Wilkes」からは"Today"、"Run"、"Descending"の3曲が収録、ジョー・ヘンダーソンやアリス・コルトレーンといったジャイアンツのカバーも披露しています。レーベルの説明には「エクスペリメンタル・ライブ・アルバム」と記載がありますが果たしてあの楽曲群がライブではどのように変化しているのか・・・新たな才能の一端に触れることのできる音源に期待は高まるばかりです。「Wilkes」で衝撃を受けたかたは問答無用で聴いていただきたい、新世代ジャズ重要作品の1つなのではないでしょうか。




    Tracks 1-5, and 8 Recorded live at the Highland Park Ebell Club on 11/15/2018
    Alto Saxophone- Sam Gendel
    Fender Bass- Sam Wilkes
    Korg Kronos and Roland Juno 106- Jacob Mann
    Drums- Christian Euman
    Electric Guitars- Brian Green and Adam Ratner

    Track 6 Recorded at Nest Recorders etc.
    Alto Saxophone- Sam Gendel
    Roland Juno 106- Jacob Mann
    Drums- Tamir Barzilay
    Electric Guitars- Brian Green and Adam Ratner
    Additional Hand Claps- Stephen Wilkes
    All Other Instruments- Sam Wilkes

    Track 7 Recorded at Nest Recorders etc.
    Alto Saxophone- Sam Gendel
    Electric Guitar- Brian Green
    Acoustic Guitar- Pedro Martins
    All Other Instruments- Sam Wilkes

    • 前の記事へ

      <予約>メロウ・アーバン・ビートメイカー、ヘクター・プリマーのセカンドアルバムが完成

      JAZZ

      2019.10.15

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      【現物写真を特別公開】モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2019 公式グッズがディスクユニオンで発売

      JAZZ

      2019.10.15

    • 一覧へ戻る