<Black Friday2019>ビル・エヴァンス「Live at Art D'Lugoff's Top of the Gate」がアナログ再発

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2019.10.18

    • LINE

    • メール
    BILL EVANS / ビル・エヴァンス / Live At Art D'Lugoff'S Top Of The Gate (2LP)

    Live At Art D'Lugoff'S Top Of The Gate (2LP)

    BILL EVANS ビル・エヴァンス

    RESONANCE RECORDS(JAZZ) / IMPORT / LP(レコード) / HLP9012B / 1008007004 / 11月下旬入荷予定

    • JAZZ
    • レコード
    • 注文開始前商品

    7,920円(税込)

    • レコード
    • 注文開始前商品

    ※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

    ※2LP, 180g Black Vinyl (33 1/3RPM)
    ※4ページのリーフレット(写真、エッセイ)付き
    入手困難だったResonance発掘のB・エヴァンス・トリオの68年録音がアナログ重量盤で再発!!
    このRSDリリースは、ビル・エヴァンス・トリオ(エディ・ゴメス(b)、マーティ・モレル(ds))が1968年10月24日にNYの"Art D'Lugoff's legendary Village Gate club"に出演時の録音で、2012年に3LP(45RPM)ボックスで初リリースされた後、廃盤となり3年余り入手不能だったものです。

    Resonanceレーベルの設立者で現社長のジョージ・クラビンが21歳の時に録音した音源を、オリジナル・テープからディジタル・リマスタリングしたこの豪華2LP折り込みセットは、Tom Copi、Jan Persson、Raymond Ross、Fred SeligoおよびHerb Snitzerによる写真や、ジャズ評論家ナット・ヘントフ、ゲイリー・バートン(vib)、ラルフ・ドルゴフ(アート・ドルゴフの息子)らによるエッセイを掲載した、4ページからなるリーフレット付き!
    こちらは、全世界で4000枚限定プレスの180g重量盤で、Bernie Grundman氏のマスタリング、Record Technology社のプレスによる33 1/3RPM仕様となります。
    (RSDのHPより)

    1968年、ビル・エヴァンス・トリオ@NYトップ・オブ・ザ・ゲイト
    最長の活動歴となったゴメス、モレルとの第二期トリオ
    その最初期のライヴを捉えた作品!!33 回転2枚組LPとなって登場

    ★1968 年10 月23 日NY のヴィッレッジ・ゲイトの「階上」(2 階)にあったトップ・オブ・ザ・ゲイトでのビル・エヴァンス・トリオを捉えた『Live at Art D'Lugoff's Top of the Gate』が 33 回転、2LP で登場!!

    ★メンバーは、11年間もの長きにわたって重責を果たしたエディ・ゴメス、そして、マーティ・モレルによる第二期トリオ。このトリオでは、その後7 年に及ぶ最長の活動を続けますが、本音源は、その最初期を捉えた貴重音源となります。

    ★“エミリー”をオープニングに、のべ17 の曲は詩的でリリカル。トリオ結成まだ間もないだけに、従来のアレンジや展開なども見える演奏。しかしそれだけに、ビル・エヴァンスの、実にビル・エヴァンスらしい演奏が魅力的。『ポートレイト・イン・ジャズ』の中でも超名演とされる“枯葉”におけるブロック・コードを使ったお馴染のイントロ、またシンコペーションを多用して美しくもスリリングなソロを展開する演奏など、エヴァンス・ファンには嬉しい演奏を聴くことができます。一方、ライヴならではの、テンポの走りなどにはジャズの“生”な感じがあり、エキサイトしたパッションの証も感じられます。

    ★録音は、実に、Resonanceの社長であるジョージ・クラビン。エヴァンスのマネージャーであったヘレン・キーンと交流があったクラビン。「新しいトリオが演奏するから、録音してほしい」とのリクエストをヘレンから直々に“受けて”機材を持ち込んで録音したとのこと。それを今や“ジャズ探偵”との異名も手にした( 当時はまだ駆け出しのプロデューサーであった)ゼヴ・フェルドマンが発見し、作品化。

    ★今や、ジャズ・ファンの間で、すっかりおなじみとなったResonanceの原点的一枚でもある作品。かつてリリースされていた45 回転盤の3 枚組は廃盤でもあり、嬉しい復刻です!

    ■Personnel:
    Bill Evans: piano
    Eddie Gomez: bass
    Marty Morell: drums

    Date: October 23, 1968
    Location: Art D'Lugoff's legendary Village Gate club in New York City


    RECORD STORE DAY限定商品は店舗/オンライン・ショップ共に予約販売をいたしません。予めご了承ください。

    ■店舗では11/29(金)の開店と同時に販売をスタートいたします。
    ※発売当日に限りまして、購入はお一人様2枚までとさせていただきます。
    ※発売当日の電話での予約/取り置きはお断りさせていただきます。

    ■オンライン・ショップでは12/6(金)の午前0時より販売・発送および未入荷品の予約受付を開始いたします。
    ※発送開始の時期自体は11/29(金)とこれまでと変わりはありません。

    ■店舗の店頭・電話・メールでの通販に関しましても、
    商品確保・発送および未入荷品の予約受付は12/6(金)以降となります。
    ※店頭では、ご来店前提の在庫商品のお取り置きのみ、11/30(土)より受付いたします。

    【その他】
    ※限定商品の為、現在のところ入荷数未定となっております。
    入手に尽力いたしますが入荷予定数に達しない場合にはお渡しはご予約先着順とさせていただききます。
    ※ご予約頂いても商品が一切ご用意できない場合がございます。
    ご予約は商品の確保を確約するものではありません。予めご了承のほどよろしくお願いいたします。
    ※当日より3週間程度経過しても弊社へ入荷しない場合には、入荷見込み無しと判断し、
    ご予約のキャンセル及び他商品の分割発送のご連絡を差し上げる場合がございます。
    ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。

    • 前の記事へ

      ジャズ~ダウンビートの名盤かつ新作GODTET『II』が日本限定でCDリリース

      JAZZ

      2019.10.23

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      マイルス・デイヴィス「Complete In a Silent Way Sessions」で初出となった音源が初アナログ盤化

      JAZZ

      2019.10.18

    • 一覧へ戻る