トム・ヨークとフリー、そしてウィントン・マルサリスが集結したサントラ「Motherless Brooklyn」が発売

  • JAZZ
  • 新着ニュース

2020.01.24

  • LINE

  • メール
V.A.  / オムニバス / Motherless Brooklyn (ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK)(LP)

Motherless Brooklyn (ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK)(LP)

V.A. オムニバス

ADA / IMPORT / LP(レコード) / 9404320171 / 1008000257 / 2020年01月20日

  • JAZZ
  • レコード
  • 売切
  • (注文不可)

3,080円(税込)

  • レコード
  • 売切
  • (注文不可)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません

エドワード・ノートン監督・脚本・主演のクライム・ムーヴィ『MOTHERLESS BROOKLYN』のサウンドトラックの為に、トム・ヨークとフリー、そしてウィントン・マルサリスが集結!トム・ヨークがフリーと共に書き下ろした「Daily Battles」にダニエル・ペンバートンのスコアをウィントン・マルサリスが紫煙漂うジャズ・ナンバーへと昇華させた楽曲が彩るオリジナル・サウンドトラックが発売決定!

■『MOTHERLESS BROOKLYN』のオリジナル・サウンドトラックには、「Daily Battles」の他、映画『オーシャンズ8』や『スパイダーマン:スパイダーバース』、そして『イエスタデイ』のサウンドトラックを手掛けているダニエル・ペンパートンのスコアがフィーチャーされている。こちらのスコアの演奏は、現代ジャズ・シーン稀代のトランぺッター、ウィントン・マルサリスが手掛けている。

■1950年代ニューヨークを舞台にしたこの映画を彩るスコアは、当時のハーレムにあるようなジンの香りと紫煙が漂うジャズ・クラブをイメージしたようなジャズ・ナンバー。それらの楽曲にウィントン・マルサリスが、ジョー・ファーンズワース、イサイア・J・トンプソン、ラッセル・ホール、ジェリー・ウェルドンからなるクインテットが、見事なまでにスモーキーなジャズ・クラブの空気感やヴァイブスを吹き込み、映画が持つ渋い魅力と、スリリングでツイストの効いた物語を一層鮮やかに描き出している。

■第44回トロント国際映画祭でプレゼンテーション上映が行われ、ニューヨーク映画祭のクロージング作品としても上映された『MOTHERLESS BROOKLYN』。日本の公開はまだ未定だが、映画同様、サウンドトラックにも大きな注目が集まっている。

■エドワード・ノートンが監督・脚本・主演にプロデュースを務める、クライム・ムーヴィ『MOTHERLESSBROOKLYN』。全米では11月に公開となる映画のサウンドトラックが発売となる。映画の話題と共に注目を集めているのが、レディオヘッドのトム・ヨークが、別プロジェクト、アトムズ・フォー・ピースのバンドメイトでもあるレッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリーとともにこの映画の為に書き下ろした楽曲『Daily Battles』。サウンドトラックに先行して発売されている7インチ・アナログ・シングルは、ピアノのコードとアウトロのホーン、そしてトムのヴォーカルが創りだす、美しくも繊細なサウンドスケープが響きわたる、トム・ヨークとフリーのオリジナル・ヴァージョン、そしてウィントン・マルサリスによる同じ楽曲のジャズ・ヴァージョンがフィーチャーされている。