【再入荷】マイルス・デイヴィス69年『ロスト・クインテット』の未発表音源がアナログ盤でリリース

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2019.11.26

    • LINE

    • メール
    MILES DAVIS / マイルス・デイビス / Lost Quintet (LP/180g)

    Lost Quintet (LP/180g)

    MILES DAVIS マイルス・デイビス

    マイルス・デイヴィス(tp)の『ロスト・クインテット』の貴重な音源をアナログ重量盤(180g)リリース!!

    SLEEPY NIGHT / IMPORT / LP(レコード) / SNRV001 / 1008011076 / 2019年11月13日

    • JAZZ
    • レコード
    • 売切
    • (注文不可)

    3,740円(税込)

    • レコード
    • 売切
    • (注文不可)

    ※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

    マイルス・デイヴィスの第3期黄金クインテットともいわれる『ロスト・クインテット』の秘蔵テープ(未発表音源)から新規マスタリングしたアナログ重量盤(180g)リリース!!しかも放送用音源で正式録音に匹敵する音質!

    「そう、このバンドでライブ録音をすべきだったんだ。とにかく強力な(Bad MotherFu'ker')なバンドだったからね。」(マイルス・デイヴィス談)

    マイルス・デイヴィスは、1969年8月19~21日に行われた「Bitches Brew」のスタジオ録音後にその中心メンバー5人(『ロスト・クインテット』)で欧州ツアーに出たのだが、正式なライブ録音を行わなかったことを生前のマイルスが度々悔やんでいた(上記談)、というのはよく知られた事実。
    「Bitches Brew」のスタジオ録音の約1か月前にフランスで行われたジャズ・フェスに出演した同メンバーによる演奏で、マイルスの死後(1993年)発表された「1969 Miles - Festiva De Juan Pins」が唯一の正式録音とされていて、スタジオ録音後のツアー内容を捉えたものとしては、ブートレッグの「Double Image」、「Spanish Key」、「Paraphernalia」などがファンの間で珍重されてきました。

    放送用音源のため正式録音に匹敵する音質で、貴重な録音を楽しむことができます!


    ■Personnel:
    Miles Davis - trumpet
    Wayne Shorter - soprano, tenor sax
    Chick Corea - electric piano
    Dave Holland - bass
    Jack DeJohnette - drums
     
    1969年11月9日、オランダのロッテルダム "De Doelen"でのライヴ録音