<予約>“ローリング・ココナツ・レビュー・ジャパン”よりSTUFFのライブ音源が発売決定

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2019.11.21

    • LINE

    • メール
    STUFF / スタッフ / ROLLING COCONUT REVUE JAPAN CONCERT

    ROLLING COCONUT REVUE JAPAN CONCERT

    STUFF スタッフ

    1977ローリング・ココナツ・レビュー・ジャパンより“スタッフ”の音源がリリース!

    SUPER FUJI DISCS / JPN / CD / FJSP383 / 1008027340 / 2020年01月22日

    • JAZZ
    • CD
    • 予約

    2,530円(税込)

    • CD
    • 予約

    ※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

    1977ローリング・ココナツ・レビュー・ジャパンよりゴードン・エドワーズ、コーネル・デュプリー、クリス・パーカー、リチャード・ティーの“スタッフ”!

    1977年4月、東京晴海の国際見本市会場で、“THE SEAS MUST LIVE”のメッセージのもと、日本とアメリカ、カナダの若者が主催。日米ほか30組、約80人のミュージシャンが無償で出演し、3日間で延べ15,000人の観客が参加した日本で初めてのベネフィット・コンサート、“ローリング・ココナツ・レビュー・ジャパン”。
    16chマルチテープで録音され奇蹟的に遺されたマスターから40年目に初めてミックスとマスタリングを行った。
    本イベント最終日4日目4月10日のトリを務めたのは人気絶頂のスタッフ。エリック・ゲイルとスティーヴ・ガッドを欠いた編成ながらスケールの大きなテクニック、音の広がりやタッチ、リズム感などは、残りの4人だけでもヴィヴィッドですごいと今でも語られる伝説のステージ。
    アンコールの「ラヴ・ザ・ワン・ユア・ウィズ」のメドレーが終り4日間のほぼ全出演者が登場し「蛍の光」でコンサートが終ったのは夜中の1時だった。

    ■Gordon Edwards(b)
    Cornell Dupree(g)
    Chris Parker(ds)
    Richard Tee(kbd)

    [ スタッフ Stuff ]
    ベーシストのゴードン・エドワーズを中心に、それまでもっぱらスタジオ・ワークに従事してきたミュージシャン6人が集まって結成されたフュージョン・バンド。発足は1970年代半ばとされるが、1976年のスイス・モントルーでのジャズ・フェスティヴァルへの出演が公式なデビューとなった。長年にわたって鍛え上げたテクニックを駆使した演奏は大きな拍手と歓呼で迎えられ、その評価がアメリカにも飛び火。フュージョンの代名詞ともいうべきバンドに上り詰めた。本レビューのクロージング・アクトとなったステージでは、非の打ちどころのない見事な演奏を聴かせた。