ペーター・ブロッツマン「Fifty Years After​.​.​. Live at the Lila Eule 2018」が入荷

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2019.11.27

    • LINE

    • メール
    これは新たなフリージャズ名盤と言っていいのでは!?
    有無を言わさぬ豪快な演奏に鳥肌がとまりません!
    PETER BROTZMANN / ペーター・ブロッツマン / Fifty Years After​.​.​. Live at the Lila Eule 2018
    • JAZZ
    • 再入荷
    • CD
    • 新品在庫あり
    • (翌日~翌々日に発送)

    2,530円(税込)

    • CD
    • 新品在庫あり
    • (翌日~翌々日に発送)

    ※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

    ※ペーパースリーブ
    これは新たなフリージャズ名盤と言っていいのでは!?!?
    ペーター・ブロッツマン ×  ハン・ベニンク ×  アレキサンダー・シュリッペンバッハ!!
    フリージャズ生き証人による有無を言わさぬ豪快な演奏に鳥肌がとまりません!

    ペーター・ブロッツマン、ハン・ベニンク、アレキサンダー・シュリッペンバッハという名手が2018年5月26日にブレーメンで行ったライブを収録。
    本作のポイントはブロッツマンの自主レーベルからリリースされた大名盤「Machine Gun」が録音された場所Lila Euleの60周年記念として同じ場所で演奏されたところ。しかも「Machine Gun」発表からちょうど50年の2018年にライブを行ったというなんともメモリアルな雰囲気の中、1曲目の待ってましたとばかりの観客の盛り上がりから始まる名手3人の音の切れ・鋭さ・スピード感には思わず鳥肌が・・・しかも"50年後"という「Machine Gun」を意識した粋な曲名もカッコイイです。全編に渡りフリージャズの生き証人による息継ぎさせない豪快でとてつもない演奏が収録。これは新たなフリージャズ名盤と言っていいのでは!?
    これを聴いて盛り上がらないわけがありません!最高!!

    ■Peter Brötzmann - tenor saxophone, b-flat clarinet, tarogato
    Alexander Schlippenbach - piano
    Han Bennink - drums