今最も魅力的で面白いオーガニックグルーヴ! カルロス・ニーニョ、サム・ゲンデル、ララージほか参加した「ターン・オン・ザ・サンライト」新作

  • JAZZ
  • 新着ニュース

2020.03.25

  • LINE

  • メール
TURN ON THE SUNLIGHT / ターン・オン・ザ・サンライト / WARM WAVES

WARM WAVES

TURN ON THE SUNLIGHT ターン・オン・ザ・サンライト

カルロス・ニーニョやサム・ゲンデルにララージといった注目すべきミュージシャンが集った、今最も魅力的で面白いオーガニックグルーヴ! ターン・オン・ザ・サンライト7年振りの新作

ASTROLLAGE / PLANT BASS / JPN / CD / ASGE31 / 1008056598 / 2020年03月25日

  • LATIN / BRAZIL
  • 特典付
  • 再入荷
  • 試聴可能
  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

2,640円(税込)

  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!



Build An Ark のリーダーであり、LA の音楽シーンを牽引するキーパーソン、カルロス・ニーニョとジェシー・ピーターソンによるユニット、TURN ON THE SUNLIGHT(ターン・オン・ザ・サンライト)による7年振りの新作が Plant Bass からリリース!!
サム・ゲンデルやララージに、Stones Throw が契約した若きジャズの天才ピアニスト、ジャマエル・ディーンもリミックス参加した、アコースティックなアンビエントの空気に包まれる極上のニューエイジ・ジャズサウンド!!


フィールド・レコーディングやワールド・ミュージックにジャズ、アンビエントやアコースティック等、様々な要素が交差して生まれた『WARM WAVE』。2019年の「FESTIVAL de FRUE 2019」で来日した記憶も新しい、カルロス・ニーニョやサム・ゲンデルにララージといった、注目すべきミュージシャンが集って創られた、今最も魅力的で面白いオーガニックグルーヴ溢れるサウンドがここにある。


参加アーティスト: Mia Doi Todd - voice, Sam Gendel - saxophone + electronics, Luis Pérez Ixoneztli - bird sounds, Jesse Peterson - bass, guitar, organ + bird sounds, Andres Renteria - percussion, Mitchell Brown - synthesizers + magnetic tape


レコーディングされた音楽を聴くと、私たちは過去の波に浸ることになる。その波のもともとのフォルムは消えてしまったが、レコーディングされた音源が再生されることで、もともとのフォルムがエコーとして現在に蘇る。このアルバムの土台は、グループ・インプロヴィゼーションによって作り上げられ、ミッチェル・ブラウンによるリアルタイムのテープループ演奏が重要な役割を果たした。レコーディング・プロセスの中で使用されたテープ・ループによって、リアルタイムで音が再生、再レコーディングされ、もともとの音の波形(サウンドウェーブ)が反復と劣化し、未来においてこの音源が複製、視聴されることを暗示しているかのようだ。ミア・ドイ・トッド、アンドレス・レンテリア、ミッチェル・ブラウン、そして私が中心メンバーとなり、即興演奏をすることでこの作品はレコーディングされた。このレコーディングからいくつかのセクションをセレクトし、その上に更にララージ、サム・ゲンデル、ルイス・ペレス・イショネツトリがさらにソロ・インプロヴィゼーションを重ねた。カルロス・ニーニョは、”Passing Rain”をリミックスすることでさらにこのプロセスを続け、ジャマル・ディーンのピアノをリミックスに散りばめた。「Warm Waves」を聴くことで、私たちがこのアルバムをクリエイトしたときの暖かい気持ち、解放感、そして遊び心をリスナーも感じ取ってもらえたら嬉しいです。
ジェシー・ピーターソン from ターン・オン・ザ・サンライト