ボブ・ジェームス最初期の活動をとらえた作品が発売

  • JAZZ
  • 新着ニュース

2020.08.31

  • LINE

  • メール
BOB JAMES / ボブ・ジェームス / Once Upon a Time: The Lost 1965 New York Studio Sessions

ボブ・ジェームス- 最初期のミッシングリンクを解き明かす画期的作品!
1965年、2つの異なるピアノ・トリオ演奏
ESP のバーナード・ストルマンをも刺激した演奏
メインストリームの演奏に焦点を当てたリリシズムもあふれる演奏
クロスオーバーの世界で大成するボブ・ジェームスの才能!!


★人気ジャズ/ キーボード奏者、ボブ・ジェームスの最初期の活動をとらえた画期的発掘音源作品!!

★昨年2019 年で80 歳を迎えた大御所、ボブ・ジェームスはフュージョン/ クロスオーバーの大人気アーティスト。一方、1961 年~65 年に開催されたアメリカの音楽史上最も並外れた冒険の1 つとも言われるOnce Festival でも演奏し、1964 年には、エリック・ドルフィーと共演。今なお先鋭的と言える現代音楽的な楽曲“Jim Crow / A Personal Statement”の作曲者であることでも知られ、ESP から『Explosions』をリリース。前衛的な演奏を繰り広げていた側面も持つアーティスト。本作は、そんなボブ・ジェームスのキャリア初期のミッシングリンクを明らかにする音源になります。

★録音は、Resonance の創始者であるジョージ・クラヴィン。作品構成は2 部構成で双方1965 年のもの。しかし、異なるリズム・セクションを迎え、異なるスタイルの演奏を展開しています。

★前半部は、前記“A Personal Statement”のメンバーでもあった、ロバート・ポザーがドラムをつとめる演奏で、1 月20日録音。こちらでは、プリペアド・ピアノを含む前衛的な側面もみせる演奏。そして、この演奏こそが、ESPのファウンダー、バーナード・ストルマンを刺激したもの。作品の解説にあるクラヴィンの言葉によれば、クラヴィンがこの演奏を聴かせたところ、ストルマンは感銘を受けて録音を決行。『Explosions』となったとあります。

★一方後半部は、10 月9 日録音。メインストリームの演奏で、繊細さとリリシズムも記録された演奏。同じく、クラヴィンの記述によれば、1965 年の後半に、クラヴィンはボブに電話し、“『Explosions』とは対照的な、演奏を録音したい”と頼んだとのこと。エアジン”に聴くアップテンポでの粒立ちのいい溌剌とした演奏と共に、ビル・エヴァンスも演奏した“Indian Summer”では、エヴァンスへのただならないリスペクト/ 研究も見せるハーモニーの美しさと繊細なバラード演奏が披露されています。また、現在に至る完璧ともいえる楽曲演奏構成をみせるボブ・ジェームスの才気も感じさせます。

★録音は、コロンビア大学のWollman Auditorium stageにて。ジャズの世界で、常に第一線で、半世紀を優に超して活動するボブ・ジェームスの大器の秘密も解き明かす作品です。

メンバー:
Side One: Bob James(p), Larry Rockwood(b), Robert Pozar(ds)
Side Two: Bob James(p), Bill Wood(b), Omar Clay(ds)


RECORD STORE DAY限定商品は
店舗/オンライン・ショップ共に予約販売をいたしません。予めご了承ください。
■店舗では6/20(土)の開店と同時に販売をスタートいたします。
※発売当日に限りまして、購入はお一人様2枚までとさせていただきます。
※発売当日の電話での予約/取り置きはお断りさせていただきます。

■オンライン・ショップでは6/22(月)の午前0時より販売・発送および未入荷品の予約受付を開始いたします。

■店舗の店頭・電話・メールでの通販に関しましても、商品確保・発送および未入荷品の予約受付は6/22(月)以降となります。
※店頭では、ご来店前提の在庫商品のお取り置きのみ、6/21(日)より受付いたします。

○WEBサイト表示に関しまして
期間中、時間帯によっては繋がりにくくなることが予想されます。 お客様にはご不便をお掛けし申し訳ございませんが、その際は、しばらく時間をおいてから再度お試しいただけますようお願いいたします。

○クレジット決済完了エラーに関しまして
サイトが繋がりにくくなるため、ご注文の決済手続きが行えない場合がございます。再決済は行えません。大変申し訳ございませんが、しばらく時間をおいてから再度お試しいただけますようお願いいたします。