マカヤ・マクレイヴン「Universal Beings E&F Sides」が発売

  • JAZZ
  • 新着ニュース

2020.10.20

  • LINE

  • メール


クリス・デイヴ、マーク・ジュリアナと共にUS新世代ジャズ・ドラマーの筆頭株として注目を集めるシカゴ出身の天才”ビート・サイエンティスト”マカヤ・マクレイヴンによる
コレを聴かずして今年のジャズは語れない!とまでの評価を得た
2018年のジャズ・シーンを代表する傑作『Universal Beings』の続編!

★新たなジャズのメッカとして次世代を担うアーティストが続々と登場しているシカゴのキーパーソン、ドラマーのマカヤ・マクレイヴンが2018年にリリースした名盤『Universal Beings』のドキュメンタリーのサウンドトラックとして制作!

★マーク・ポールマンによって監督されたドキュメンタリーは、このクラシック・アルバムの制作の裏舞台をL.A.、シカゴ、ロンドン、ニューヨークに渡って撮影、『Universal Beings』のレコーディング・セッションの音源をマカヤ・マクレイヴン自ら再構成!

★ブランディー・ヤンガー、ジョエル・ロス、シャバカ・ハッチングス、ジュニアス・ポール、ヌビア・ガルシア、ジェフ・パーカー、ジョシュ・ジョンソン、アシュリー・ヘンリーなどの若手ジャズメンなどが集結。シカゴのニュージャズ・シーン最重要アルバムになること間違いなしの大傑作完成!

Tracks 1, 5 & 11 recorded August 29th, 2017, at H010 in Ridgewood, Queens, New York. Featuring:
Brandee Younger - harp
Joel Ross - vibraphone
Dezron Douglas - double bass
Makaya McCraven - drums

Tracks 2 & 14 recorded October 18th, 2017, at Total Refreshment Centre in Stoke Newington, London, UK. Featuring:
Soweto Kinch - saxophone
Kamaal Williams - keys
Makaya McCraven - drums

Tracks 3 & 4 recorded October 19th, 2017, at Total Refreshment Studios in Stoke Newington, London, UK. Featuring:
Nubya Garcia - tenor saxophone
Ashley Henry - rhodes piano
Daniel Casimir - double bass
Makaya McCraven - drums

Tracks 6, 12 & 13 recorded January 30th, 2018, at Jeff Parker's house in Altadena, California. Featuring:
Josh Johnson - alto saxophone
Miguel Atwood-Ferguson - violin
Jeff Parker - guitar
Anna Butterss - double bass
Carlos Niño - percussion
Makaya McCraven - drums

Track 7 recorded June 18th, 2017, at Co-Prosperity Sphere in Bridgeport, Chicago, Illinois. Featuring:
Junius Paul - double bass
Makaya McCraven - drums

Tracks 8, 9 & 10 recorded September 2nd, 2017, at Co-Prosperity Sphere in Bridgeport, Chicago, Illinois. Featuring:
Shabaka Hutchings - tenor saxophone
Tomeka Reid - cello
Junius Paul - double bass, percussion
Makaya McCraven - drums