ロンドンからセンスの良いピアノ・トリオ作品が入荷

  • JAZZ
  • 新着ニュース

2020.10.13

  • LINE

  • メール
ROB BARRON / ロブ・バーロン / From This Moment On

From This Moment On

ROB BARRON ロブ・バーロン

ロンドンからセンスの良いピアノ・トリオ作品がリリース

UBUNTU MUSIC / IMPORT / CD / UBU0064CD / 1008192238 / 2020年10月13日

  • JAZZ
  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

2,420円(税込)

  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

※デジパック
ロンドンからセンスの良いピアノ・トリオ作品がリリース!
ロンドンを拠点に活動するピアニスト、ロブ・バーロンの2作目となるリーダー作が
ストレートアヘッドで良質なジャズを届けるUbuntu Musicから発売。


ロンドンを拠点に活動するピアニスト、ロブ・バーロンの2ndリーダー作が良質なジャズを多数リリースするUbuntu Musicから発売。
5歳からピアノの演奏をはじめ、10代で既に地元ヨークシャーで演奏を開始。その後はリーズでジャズの勉強を始めたとのことで、ボブ・ミンツァー、ティム・ガーランドなど実力あるミュージシャンのファースト・コールとして演奏していたとのこと。ロンドンへ活動の拠点を移してからは、アル・ジャローやベニー・ゴルソン、フィル・ウッズ、グラント・スチュアートといった名だたるミュージシャンと演奏を繰り広げ、直近では英国最高のシンガー、クレア・マーティンの最新作「Songs And Stories」にも参加。
その他にも女性ヴォーカリスト、サラ・ダウリングの2019年作「From Shadows Into Light」では大人気ピアニスト、ガブリエル・ラッチンの後任を務めるなど現代のストレートアヘッドな演奏を追っている方は思わず反応してしまう演奏歴なのでは?

本作では"Pure Imagination"、"My Foolish Heart"、"In A Sentimental Mood"といったスタンダードを収録、ブルージーな歌心ある音使いを絶妙なタイミングで差し込んだりメロディアスなラインをさらりと披露したりとソロの上手さ/バランスの良さは流石の一言です。
全体的にミディアムなテンポ感でゆったりと気持ち良く聴くことができ、ガブリエル・ラッチンに次いでセンスの良いピアノ・トリオが現れたと言っていいのではないでしょうか。
これまで日本での紹介がなかったピアニストだけに早耳の皆様、ストレートアヘッドなピアノ・トリオが好きな方は大注目の1枚です!!

【参加メンバー / 楽器】
Rob Barron - Piano
Jeremy Brown - Bass
Josh Morrison - Drums


  • 前の記事へ

    <予約>カート・エリング、マーク・マーフィーの未アナログ化音源が7インチリリース

    JAZZ

    2020.10.13

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    <予約>プリンス・ビリー・マージ・ライト「You Got Dat Wright」が世界初LPリイシュー

    JAZZ

    2020.10.12

  • 一覧へ戻る