<予約>アンサンブル・アル・サラームの大名盤『ソウジャーナー』がLP再発

  • JAZZ
  • 新着ニュース

2020.09.25

  • LINE

  • メール
ENSEMBLE AL-SALAAM / アンサンブル・アル・サラーム / ソウジャーナー(LP)

ソウジャーナー(LP)

ENSEMBLE AL-SALAAM アンサンブル・アル・サラーム

Pヴァイン / JPN / LP(レコード) / PLP6950 / 1007813773 / 2020年11月25日

  • JAZZ
  • レコード
  • 予約

3,850円(税込)

  • レコード
  • 予約

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

※LP
※本商品は情報公開当時から発売延期となりました。ご理解の上、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

スピリチュアル・ジャズ史上に残る大名盤がついにLPで復活!CALMがカヴァーした「Peace」を筆頭に、ピースフルな世界観とモーダルなサウンド、そしてブラック・グルーヴが融合した奇蹟の一枚!


★ジ・アンサンブル・アル・サラームはサックス奏者カーリク・アブダル・アル・ローフ率いる7人編成のバンド。リーダー以下、無名のアーティストばかりで、バンド名からも分かるとおりイスラムに改宗したアフロ・アメリカン達で構成されている。これは74年録音のセルフ・プロデュースによる初作品。

★まさに70年代のスピリチュアル・ジャズの素晴らしさがヴァリエーションを持つレパートリーとともに詰まっている、とでも言えば良いだろうか。中でもダグ&ジーン・カーンやディー・ディー・ブリッジウォーターの名作を想起させる女性ヴォーカリスト、ベアトリス・パーカーの参加曲は宝石のようだ。アフロセントリックな「The Sojourner」、まさにトゥ・バンクス・オブ・フォーの原型といえる「Circles」、コルトレーンに捧げた高速モード・ジャズ「Trace Of Trane」、スリルとテンション溢れる「Malika」、ピースフルな「Optimystical」、そしてウォームでソウルフルな前半から怒涛のブラジリアンへと変化する名曲「Peace」まで、一人でも多くの音楽ファンに聴いて欲しい!と心から思う一枚!

■Fred Kwaku Crawley(per,vo)
Khaliq Abdul Al Rouf(as,ss,ts,fl)
Leroy Seals(b,vo)
Andrei Strobert(ds)
Mashujaa Aliye Salamu(g)
Bevin Turnbull(elep,vo)
Beatrice Parker(vo)