<予約>メロディ・ガルドー5年振りの新作「Sunset In The Blue 」が発売

  • JAZZ
  • 新着ニュース

2020.09.28

  • LINE

  • メール
MELODY GARDOT / メロディ・ガルドー / Sunset In The Blue

その声は、愛で世界を繋ぐ。「奇跡のシンガー」メロディ・ガルドー。2015年の『カレンシー・オブ・マン~出逢いの記憶~』以来、実に5年振りとなる待望の新作。
 
●ノラ・ジョーンズ、マデリン・ペルーと並び2000年以降の米国女性シンガー三傑の一人であるメロディ・ガルドー。本作は2015年の『カレンシー・オブ・マン~出逢いの記憶~』(UCCU-1488)以来実に5年振りとなるニューアルバム。6月に急遽リリースされ、ジャズ・ヴァイオリニスト寺井尚子の参加なども話題となった「フロム・パリ・ウィズ・ラヴ」など自身のオリジナルに加え、「ムーン・リヴァー」や「アイ・フォール・イン・ラヴ・トゥー・イージリー」などジャズ・スタンダードのカバーも織り交ぜた、彼女の現在とルーツを存分に楽しめる内容となっている。また、9月4日配信リリースのスティングとのデュエット曲「リトル・サムシング」も収録。

●今作はプロデュースをグラミー賞受賞プロデューサーのラリー・クライン(ボブ・ディラン、ジョニ・ミッチェル、ハービー・ハンコック)、そしてアレンジを作曲家のヴィンス・メンドーサ(ビョーク、エルヴィス・コステロ、パット・メセニー)が担当。いずれも彼女の出世作となった2ndアルバム『マイ・オンリー・スリル』を手掛けており、ベストな布陣で制作に臨んだ。

●また、作曲面では、ノラ・ジョーンズの大ヒット曲「ドント・ノー・ホワイ」の作曲者であるジェシー・ハリスと、タイトル曲「サンセット・イン・ザ・ブルー」を共作している。

●CDにはスティングとのコラボ曲「Little Something」を収録。

  • 前の記事へ

    <予約>弱冠21歳驚異のトランぺッター、ギブトン・ジェリンの初リーダー作品が入荷決定

    JAZZ

    2020.09.28

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    ドン・チェリー スピリチュアル期の名盤「Relativity Suite」がアナログ・リイシュー

    JAZZ

    2020.09.28

  • 一覧へ戻る