グレッチェン・パーラト10年ぶりのスタジオ録音作「Flor」が発売

  • JAZZ
  • 新着ニュース

2021.03.03

  • LINE

  • メール

GRETCHEN PARLATO / グレッチェン・パーラト / Flor

国内盤解説:柳樂光隆 (Jazz The New Chapter)
グレッチェン・パーラト10年ぶりのスタジオ録音最新作。デヴィッド・ボウイ、J.S.バッハ、ピシンギーニャ作他を典雅なまでのアコースティック・メロウネスと吐息で表現した洗練の極み。

■現代ジャズ・ヴォーカル・サウンドを大きく前進させた『ロスト・アンド・ファウンド』(2011)から10年、それを最高に磨き上げた『ライヴ・イン・ニューヨーク・シティ』(2013)から8年。家庭生活を優先していたグレッチェン・パーラトが待望の最新作をUKエディション・レコーズよりリリース。

■21世紀版『粋な女』とも言えそうな冒頭の斬新なチェロ・サウンド/アレンジに始まり、ブラジリアン・テイストの取り込みかた、レパートリー解釈、ミニマム・アンサンブルとは思えない表現力など、さらにシーンの座標軸として再び君臨するに足る傑作盤。ヴォーカル表現はさらに幅が広がり、サウンドと一体化する最強のピッチ・コントロールとトーンはグレッチェンならではの至芸。高めの音圧ながら全体を包みこむ温かみのあるミックスが効果的なサウンドを作っている。

■メンバーは2018年から『New Brazilian-inspired project』として始動。グレッチェンのブラジル音楽観にも影響を与え『Behind Jobim』で共演したブラジル人ギタリスト&カヴァキーニョ奏者のマルセル・カマルゴ、在LAでアルメニアの新世代チェリストとして大きく注目されているアルティョム・マヌキアン、そして今回Moogシンセも担当するパーカッション奏者レオ・コスタが参加。さらにフィーチャリング・アーティストにはブラジル音楽の巨匠アイアート・モレイラ(vo,perc)、ジェラルド・クレイトン(p, rhodes)、マーク・ジュリアナ(ds)他も参加。

■収録曲はジョアン・ジルベルト『三月の水』での名演で有名な冒頭曲M1、アニタ・ベイカーの86年『ラプチュア』からの大ヒット曲M2、ティレリーでも歌っていたM3、ピシンギーニャ名曲M4、ロイ・ハーグローヴM6、J.S.バッハ無伴奏チェロ組曲M8、デヴイッド・ボウイの最後のスタジオ録音曲M9とグレッチェンならではの選曲。