<予約>インコグニートのブルーイとジャイルス・ピーターソンの新プロジェクト、ストラータ始動

  • JAZZ
  • 新着ニュース

2021.01.20

  • LINE

  • メール
インコグニートのブルーイとジャイルス・ピーターソンによる
新プロジェクト、その名もストラータが始動!
初期ジャズ・ファンクのサウンドとジャズ・フュージョンの進化を提示する二人の最新型!



詳細な情報がないまま突如リリースされた12インチ「Aspects」が話題を集め即完し、現行ジャズシーンの重要人物モーゼス・ボイドをはじめ、伝説のDJフランソワKや多くの音楽ファンの間で話題となっていたアーティストのストラータ(STR4TA)が、実はジャイルス・ピーターソンとインコグニートのブルーイによるプロジェクトだということが明らかになり、2人による新プロジェクトにとって初のアルバム『Aspects』が〈Brownswood〉よりリリースされる。
1980年代よりクラブシーンのキーパーソンとしてジャズを中心にしながらも、ジャンルという音楽の境界線を砕き、多くのアーティストと点で結ばれながら世界中のDJとアーティストに大きな影響を与え続けるジャイルス・ピーターソン。
そしてアシッド・ジャズ~ジャズ・ファンクの頂点に立つバンド、インコグニートのリーダーであり、世界最高峰のギタリストとしても名を馳せるブルーイの2人は、ストラータにおいて80年代初頭の自由で変幻自在なブリットファンク・シーンのエネルギーを現代によみがえらせ、ジャズ~フージョンの進化型を提示している。
長年の友人でコラボレーターでもある彼らは、共に過ごしたその形成期から新しい音楽の可能性を掘り起こすことに挑戦し、DIYの精神、ライヴ・パフォーマンスで培われたセンスと力強い表現力へと再び立ち返っている。
作曲とレコーディングはジャイルスとブルーイの両名によって行われ、当時のブリット・ファンクの革新的なサウンドを生み出したときのようなシンプルかつ衝動的な制作が行われたという。
ジャイルスがキラリと光る瞬間のある印象深いレコードを探し出し、ブルーイがそこから新たなアイデアを得てアルバムの方向性を築き上げた。
日本盤CDには解説と歌詞対訳が封入され、ボーナス・トラックが追加収録される。
 
 

ソングリスト

  • 01. Aspects
  • 02. Rhythm In Your Mind
  • 03. Dance Desire
  • 04. We Like It
  • 05. Steppers Crusade
  • 06. After The Rain
  • 07. Give In To What Is Real
  • 08. Kinshasa FC
  • 09. Vision 9
  • 前の記事へ

    寺島レコード 人気コンピレーション最新作「JAZZ BAR 2020」がアナログ盤でリリース

    JAZZ

    2021.01.20

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    【オンライン中古】1月20日(水)18:00 START 「JAZZ3大レーベルアナログセール」

    JAZZ

    2021.01.20

  • 一覧へ戻る