<予約>ウェス・モンゴメリー1965年生涯1度のヨーロッパ・ツアーからスタジオライブ音源が発売

  • JAZZ
  • 新着ニュース

2021.01.20

  • LINE

  • メール
WES MONTGOMERY / ウェス・モンゴメリー / NDR Hamburg Studio Recordings 

ウェス・モンゴメリー、1965 年に行なった生涯ただ一度のヨーロッパ・ツアー
ハンブルグ~NDRのスタジオでのレコーディング
レゾナンスで発売された『イン・パリ』とともに堂々のオフィシャル発売!
ロニー・スコットら、ヨーロッパの秀鬼才アーティストとの貴重な演奏の数々
ブルーレイには、コンサートの2日前の貴重なリハーサル映像を収録


★ジャズ・ギターの歴史に光り輝くヒーロー、ウェス・モンゴメリー(1923~1968)。パット・メセニー、ジョージ・ベンソン、ラッセル・マローン、パット・マルティーノなど数多くの鬼才に影響を与えたプレイは、没後半世紀が過ぎた現在もまったく色あせることがありません。

★本アルバムには、ウェスが1965 年に行なった生涯ただ一度のヨーロッパ・ツアーから、4 月下旬にドイツ・ハンブルグで行なわれたコンサート「第39 回NDR( 北ドイツ放送局) ジャズ・ワークショップ」の模様が収められています。ツアー中の記録としては、2017年にResonanceから登場した2枚組CD『イン・パリ-ザ・ディフィニティヴ・ORTF・レコーディングス』(3月27日、フランス・パリの「シャンゼリゼ劇場」で録音)がよく知られているところですが、母国アメリカでのレギュラー・バンドによる演奏を中心とした同作に対し、この『The NDR Hamburg Studio Recordings』は、ヨーロッパ屈指のモダン・ジャズメンとウェスの出会いに重点が置かれており、「Last of the Wine」「Blue Grass」「The Leopard Walks」と、他のウェスの公式アルバムでは聴くことのできない楽曲が取り上げられているのも大きなポイントです。

★共演メンバーはジャン=リュック・ゴダール監督『勝手にしやがれ』など数々の映画音楽でも著名なピアニストのマーシャル・ソラール(アルジェリア→フランス)を筆頭に、ロニー・スコット(英国)、ハンス・コラー(オーストリア→ドイツ)、ロニー・ロス(インド→英国)、前述Resonance 盤にゲスト参加しているほかRiverside 盤『フル・ハウス』でも息の合ったプレイを繰り広げていた旧友のジョニー・グリフィン(米国→フランス)等を含む、大変に国際色豊かな顔ぶれ。サックス・アンサンブルと演奏するプランは「NDR ジャズ・ワークショップならではの独自性を打ち出した企画を」という主催者からのリクエストに応じたものですが、ウェスとヨーロッパのジャズメンたちは、まるで長年ともに演奏してきたかのような一体感で楽しませてくれます。

★またブルーレイ・ディスクには、コンサートの2 日前、4 月28 日に行なわれたリハーサル映像を収録。画像も音質も良好、時折アップになるウェスの笑顔がプロジェクトの成功を見事に物語っています。

メンバー:
Wes Montgomery(g), Hans Koller (as), Johnny Griffin (ts), Ronnie Scott (ts), Ronnie Ross (bs), Martial Solal (p), Michel Gaudry (b), Ronnie Stephenson (ds)

Blu-ray [TOTAL LENGTH: 34.16]
THE REHEARSAL -Recorded April 28, 1965 at NDR Studio 10, Hamburg

1. Blue Grass_5.11
2. On Green Dolphin Street_4.50
3. Blue Monk_5.40
4. Last of the Wine_7.14
5. West Coast Blues_4.10

  • 前の記事へ

    【オンライン中古】1月21日(木)18:00 START 「JAZZ高音質オーディオファイルセール」

    JAZZ

    2021.01.21

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    デズロン・ダグラス & ブランディ・ヤンガー「Force Majeure」がMQA-CDでリリース

    JAZZ

    2021.01.20

  • 一覧へ戻る