フレンチモーダル/スピリチュアルジャズの秘宝「Suite Epique」がLP復刻

  • JAZZ
  • 新着ニュース

2021.01.27

  • LINE

  • メール
LAURENT PETITGIRARD / ローラン・プティジラール / Suite Epique / ローラン・プティジラールの叙事詩組曲

Suite Epique / ローラン・プティジラールの叙事詩組曲

LAURENT PETITGIRARD ローラン・プティジラール

輸入盤国内豪華A式仕様ジャケット

SUPERFLY RECORDS / JPN / LP(レコード) / SRLP035 / 1008249237 / 2021年01月27日

  • JAZZ
  • 再入荷
  • レコード
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

3,630円(税込)

  • レコード
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

※LP / 輸入盤国内豪華A式仕様ジャケット / 全世界1000枚限定
1972年に密かに残されたフレンチモーダル/スピリチュアルジャズの秘宝が復刻。
フランスのピアニスト、作曲家Laurent Petitgirardが描く、美しく壮大な叙事詩がここに蘇ります。


1950年生まれのフランスのジャズピアニスト/作編曲家Laurent Petitgirard (ローラン・プティジラール)の1972年のジャズ作品。音楽一家に生まれた彼は、そのクラシック音楽の素養を活かした作編曲家、オーケストコンダクターや演劇などの分野でよりその活躍を知られる人物ですが、彼が1970年代の初頭に残したジャズロックユニット、“Pop Instrumental De France”の活動を経て、取り組んだのが、1972年の本作『Suite Epique (ローラン・プティジラールの叙事詩組曲)』です。その豊かな音楽的才能と実験心を核にジャズにフォーカスし取り組んだ本作は、クラシカルで美しい楽曲たちが、モードジャズの手法で奏でられるフレンチモーダル/スピリチュアルジャズの名盤です。Bernard Lubatが刻むリズム上でTeddy LasryのフルートとLaurent Petitgirardのピアノ/エレピが交錯する「A1. A La Recherche Du Temps Perdu [失われた時間を求めて]」から、本作のクオリティがしかと伝わるはず。同じく繰り返すフレージング、Philippe Cherondによる情感豊かなチェロが華を咲かせる「A2. Comment Chanter Une Chanson D'Amour Avec Une Cornemuse [バグパイプで愛を奏でるには]」や「A3. Le Manege Ensorcele [魅惑のメリーゴーランド]」、哀愁、ほろ苦さがブレンドされた穏やかなピアノソロ「A4. Dear Mister George [親愛なるジョージへ]」など素晴らしいですが。それらが美しくドラマチックに組み込まれた大作「B1. Suite pique Pour Piano Relanceur [ピアノのための叙事詩組曲]」が本作の肝であることは間違い無いでしょう。この時代のフランスでしか生み出し得ない、極上のサウンドをご堪能ください。

■世界初復刻/全世界1,000枚限定(『Superfly Records』は一切追加プレスを行いません)
■盤はヨーロッパ・プレス盤、ジャケットは日本で作製した豪華A式仕様
■特製の(空想)帯/解説(英文)付き
■アートワーク、リマスターなどほぼ全ての工程を『プロダクション・デシネ』が担当
■パリの「Superfly Records」×日本の「production dessinee」のコラボ再発です