ノラ・ジョーンズのベスト・ライヴ・アルバムが発売

  • JAZZ
  • 新着ニュース

2021.04.19

  • LINE

  • メール
NORAH JONES / ノラ・ジョーンズ / 'Til We Meet Again

★世界各地のステージで披露した「お気に入り」を集めたベスト・ライヴ・アルバム!

●昨年、約4年ぶりとなるフル・オリジナル・アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』をリリースし、見事オリコン年間ジャズアルバムランキングの第1位に輝いたノラ・ジョーンズ。デビュー・アルバムのリリースから20年近く経つ今なお根強い人気を誇る彼女が、キャリア初となるライヴ盤。

●『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』のリリース後、世界ツアーを予定していたというが、新型コロナ・ウイルスの影響ですべてがキャンセルに。ノラ・ジョーンズはSNSで自宅からライヴ配信を定期的に行っていたが、ライヴを容易に開催することができない時代に彼女のファンに少しでも臨場感のある音楽を届けたいと企画された。

●収録されるのはこれまで行ってきた世界各国のライヴで披露したパフォーマンスで、2017年から2019年まで珠玉の演奏をノラが自らセレクト。「ドント・ノー・ホワイ」、「サンライズ」や「カム・アウェイ・ウィズ・ミー」など、彼女の代表作として知られるデビュー・アルバムに収録された楽曲から、2019年にリリースされたコンセプト・アルバム『ビギン・アゲイン』に収録された「ビギン・アゲイン」や「フリップサイド」まで、リリース年代に留まらず幅広いラインナップが揃えられた,まさにライヴ・ベスト盤! ●アルバムを最後を飾るのは、2017年5月17日に急逝したクリス・コーネルへのトリビュートして同年5月23日のデトロイト公演でピアノの弾き語りで披露したカヴァー「ブラック・ホール・サン」。

【パーソネル】
The Luther Burbank Center For The Arts, Santa Rosa 2018, CA The Ohana Festival, Dana Point, CA 2018,The Live au Campo, Perpignan, FR / 2018:Norah Jones(vo,p)Pete Remm(org)Christopher Thomas(b)Brian Blade(ds)
The Vivo Rio, Rio de Janeiro, BR / 2019:Norah Jones(vo,p)Jesse Murphy(b)Brian Blade(ds)Marcelo Costa(perc)Jesse Harris(acoustic-g)Jorge Continentino(a-fl)
The Teatro degli Arcimboldi, Milan, IT / 2018: Norah Jones(vo,p) Christopher Thomas(b)Brian Blade(ds)
The Espaço das Américas, São Paulo, BR / 2019,The Movistar Arena, Buenos Aires, AR / 2019: Norah Jones(vo,p)Jesse Murphy(vo,b) Brian Blade(vo.ds)
The Fox Theatre Detroit, MI / 2017:Norah Jones(vo,p)
 

  • 前の記事へ

    【夜割】月~金は20:00~23:59まで中古品が3%OFF! オンラインショップ・メンバーズ限定「平日夜割」期間限定開催!

    JAZZ

    2021.04.19

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    Freedom Paper Sleeve Collection 4:1プレゼント・キャンペーン

    JAZZ

    2021.04.16

  • 一覧へ戻る