マックス・ローチとの共演作で有名な伝説のピアニスト、幻のアルバムにLPが登場!

  • JAZZ
  • 新着ニュース

2021.05.14

  • LINE

  • メール

 
 
※2LP
マックス・ローチとの共演作で有名な伝説のピアニスト、1965年録音の幻のアルバムにLPが登場!
1964年、ドラマーのマックス・ローチが当時《ATLANTIC RECORDS》のプロデューサーであったネスヒ・アーティガンに「このピアニストとレコーディングしたい!」と説得したのが本作の主役であるハサーン・イブ・アリです。同年12月に実現したレコーディングは『Max Roach Trio Featuring The Legendary Hasaan』としてその3か月後にリリース。レーベルはアリにアルバム制作を提案し、前述のマックス・ローチ作品で共演したアート・デイヴィスも参加し1965年8~9月にレコーディング、ミキシングまで終わりあとは発売できるようレコードにするだけ…という段階でアリが麻薬所持で収監されてしまいそのままお蔵入りとなってしまいました。唯一残っていたとされるレーベルが保持していたアセテート盤も、その13年後に起きたニュージャージー州ロング・ブランチにある倉庫の火事により焼失。しかし、ここ数年でそのセッションのコピーが存在するという噂が流れていました。そんな幻のアルバムが、50年以上の時を経て遂にリリース!!グラミー賞受賞経験のあるエンジニア/プロデューサー達によりマスタリング、ジャケットにはかつてアリのことを”ジャズ界のプロコフィエフ”と称したという写真家ラリー・フィンクによりマックス・ローチとのレコーディング時の撮影されたと思われる貴重な写真が使用されています。

★3月に発売され即完となってしまったCDも今回再入荷!

■Hasaan Ibn Ali, piano
Odean Pope, tenor sax
Art Davis, bass
Kalil Madi, drums