<連載> ★山本隆のJAZZ IN THE WORLD★ 2015 Mar.

  • JAZZ
  • JAZZ IN THE WORLD
  • 2015.03.24

    • LINE

    • メール
     ■小橋敦子 / ルージョン 

    ATZKO KOHASHI / 小橋敦子 / Lujon / ルージョン

    アムステルダム在住の小橋敦子さんの待望のピアノ・トリオ作品だ。彼女は今までドラムとのデュオ作品、ベースとのデュオ作品などを制作してきたが、今回、その時のメンバー、すなわちフランツ・ヴァン・デル・ホーヴェン(b)とセバスチャン・キャプティン(ds)というオランダきってのリズムセクションとの「ザ・トリオ」という趣となった。選曲がイカしている。彼女らのセンスにぴったりだ。ボクが感動したのは、例えば7曲目の「Gentle Piece」を採用していること。この曲は数年前によく聴いていたケニー・ホイラーのCD『Still Waters』(dodicilune)の9曲目で演奏されているもの。その曲の美しさは、この「ザ・トリオ」の手により更に深みを増しているような気がする。それから、8曲目のタイトル曲「Lujion」英名で「Slow Hot Wind」という曲。ヘンリー・マンシーニの作曲によるもので、パット・メセニーとかジョニー・ハートマンとかのヴァージョンがある。ボクは、イタリアの歌手マリオ・ビオンディが『Hadful Of Soul』という作品で歌っているものが好き、という人生を送ってきたが、今後は小橋ヴァージョンを第一としていこうと思う。11曲目の「Quiet Now」はデニー・ザイトリンの曲で哀しみに溢れている。ボク的には、そういうあまり演奏されなくて「いい曲」が入っているのでとっても嬉しくなりましたよ。ウェイン・ショーターの曲「Footprints」、「E.S.P」も他とは違うアプローチかな。全体的に感情を抑えたクールネスがとても沁みました。素晴らしい作品だと思います。(山本隆)

    ソングリスト
    • 1. Icebreaker
    • 2. Smile
    • 3. Footprints
    • 4. Fran-Dance
    • 5. Lujon
    • 6. Magnolia
    • 7. Gentle Piece
    • 8. E.S.P.
    • 9. Sweet Lies
    • 10. Berimbau
    • 11. Quiet Now
    • 12. Last Train
    • 13. Embraceable You
    • 14. Lujon-alternate take