ロック・ギター・バトル’71

ザ・ロック・インベイダーズ

  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

2,916円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 特典終了
レーベル
SHOW BOAT
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
SWAX1015
通販番号
1006075293
発売日
2014年02月25日
EAN
2299990025029
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

1971年に発売されたスタジオ・セッション・バンド、ザ・ロック インベイダーズのAlbumが最新デジタル・リマスタリング&W紙ジャケット仕様で初CD化!!

ザ・ロック インベイダーズ には石間秀樹(g)、杉本喜代志(g)、川崎燎(g)、江藤勲(b)、寺川正興(b)、石川晶(drs)、ビル大野(key)実力派ミュージシャンが参加。全曲ロック・スタンダードの編曲は井上孝之、クニ河内、大野克夫!! 帯付きオリジナル・ アナログ盤は幻のプレミアム盤!!




60年代末期から連なる日本のロックの歴史なのだが、グルー プ・サウンズ期、そしてそれに続くニュー・ロックの時代まで、数多くの音源資料が復刻されたこともあり、すでに語り尽くされたと思わ れている方も多いだろう。ところが、まだまだ未開の部分が多く残されている。例えば今回発売となる本作、ザ・ロック インべーダーズ『ロック・ギター・バトル '71』にしても、これまであまり触れられることが無かった貴重かつ重要なアルバムだ。これぞ、“未開封の名盤”どころか“誰も手にしたことの無い名盤” と言ってもいいかもしれない。

このアルバムには三人のギタリストが参加 している。石間秀樹(1944年生まれ)はグループ・サウンズのザ・ビーバーズのメンバーとして67年にレコード・デビューしている が、その後の70年に、ジョー山中、和田ジョージらと共にフラワー・トラベリン・バンドを結成する。彼らの偉業は、日本のロックの金 字塔である71年のアルバム『SATORI』などでも存分に理解していただけていると思う。興味深いのは、本作のレコーディング・ セッションが、フラワー・トラベリン・バンド絶頂期におこなわれたということだ。71年といえば、カナダ在住時期とも重なっているの で、録音はもっと早くおこなわれたのかもしれない。
 
他の二人だが、杉本喜 代志も川崎燎も共にジャズをスタート地点としたギタリストだが、70年代以降は精力的にロックにアプローチしていた。杉本喜 代志(1942年生まれ)は、岡崎広志とスター・ゲイザーズや、石川晶のカウント・バッファローズなどで活躍していたが、録 音当時は日野皓正のグループに在籍いていたと記憶する。増尾好秋、直居隆雄らとともに、若手ギタリストして注目を集めていた 存在だ。1947年生まれの川崎燎も出発点はジャズで、学生時代からギタリストとして評価を受け、70年に『恋はフェニック ス』でアルバム・デビューしている。二人とも勉強熱心で、すでにスタジオの仕事も多くこなしていたこともあり、ロック・ギ ターのメソッドをしっかりと身につけていた。

リズム・セクションは、石川晶のドラムス、ベースは江藤勲と寺川正興。彼らは、70年代初頭のファース ト・コール(スタジオ・ワークで一番最初に依頼を受けるミュージシャン)たちばかりだ。さて、キーボードのビル大野の名前だ けはあまり聞いたことがない。この彼は編曲でかかわっている大野克夫の変名だったのではないだろうか。そのアレンジメントに は、大野の他に、元ハプニングス・フォーのクニ河内、元スパイダーズで沢田研二や萩原健一とPYGを組んでいた井上堯之(孝 之)が参加している。(本アルバム解説より)






(新譜案内より)

ソングリスト

  • LUCILLE
  • JAILHOUSE ROCK
  • WHAT’ D I SAY
  • BE BOP A LULA
  • SITTIN’ IN THE BALCONY
  • HOUND DOG
  • DON’T LET ME BE MISUNDERSTOOD
  • MONEY
  • UNCHAIN MY HEART
  • BLUE SUEDE SHOES
  • LONG TALL SALLY
  • ROCK AROUND THE CLOCK