THE DRAWING OF R

MAKOTO NOMURA

  • CD
  • 売切
  • (注文不可)

2,037円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
レーベル
ROUND WOUND RECORDS
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
RW002
通販番号
1006345075
発売日
2014年07月23日
EAN
0888174724874
  • LINE

  • メール

商品詳細情報


 
PABLO PICASSOのリーダーでベーシスト野村誠は、1988年を最後にシーンから遠ざかること21年。
2009年 新宿ロフトでのイベント「Drive to 2010」に、初期のMarble Sheep、Ghost、Overhang Partyなどに参加したドラマーの山崎厳と共に出演、これを契機に音楽活動を再開する。
そしてここから、このアルバムを制作することに至る。
PABLO PICASSOのフリクションの影響下にあったサウンド、その後のソロ・プロジェクトPABLOでの、さまざまな要素をミックスした本来の意味でのフュージョン・サウンド。
そして今回、ベースギターのみのソロによって、さらにそのオリジナリティと創造性を追求し、「Drive to 2010」で自らサブタイトル「New Era/Sound Collage」と冠したように、全く新しい表現方法・サウンドで復活した。
アルバム「THE DRAWING OF R」は、アートの表現ツールとしての音、それはコンテンポラリー・アートかの如き、「いかに音楽的なアプローチではないところから始めるか」の構想のもとにスタートし、山崎厳が運営するスタジオ「Atelier Himawari」にて約2年半にわたり、半ば山崎との共同作業によって制作された。
そのサウンドはタイトル「THE DRAWING OF R」とあるように、まさに、ベースギターという筆で繊細に描写された、サウンド・アート/サウンド・コラージュとも言うべきものだ。
あえてベースギターだけの単一楽器のみ、一切のオーバーダブ、エフェクトなしでの挑戦であり、「エレクトリック・ベースギター」という楽器のもう1つの側面を見出し、"another side of the bass guitar" 表現のツールとしてのベースギター、その可能性を探るものであった。この作品により、野村誠は新たな扉を開けた。

野村 誠 Makoto Nomura:
1981年~85年、東京のパンク/ニューウェイヴシーンで活動、テレグラフレコードからアルバム「Soft Type」などを発表した、PABLO PICASSOのリーダーでベーシスト。
その後、ソロ・ユニットPABLOとして、1986年~1988年まで流動的にメンバーを変えながら活動。
後に、この音源は2008年、Round Wound Recordsより、アルバム PABLO「Escape/Live 1986-1988」として発表。
2009年 新宿ロフトでのイベント「Drive to 2010」出演を契機に音楽活動を再開する。
2011年 テレグラフレコードから発売されたアルバム1枚、シングル2枚に未発表ライブ音源を加えた完全版「types 1981-1985」がディスクユニオンからリリースされる。

round wound
official website: http://www.roundwound.com/

MAKOTO NOMURA
official website: http://www.makotonomura.com/

EATER
official website: http://www.eater.co.jp/

ソングリスト

  • 1.Night, Wind & Raindrops
  • 2.Silence Circle R
  • 3.R:Surface
  • 4.R:Falling
  • 5.R:Bridge
  • 6.Learning With You
  • 7.Meek