• CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

1,944円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 特典終了
  • 試聴可能
レーベル
UK.PROJECT inc.
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
UKCD1151
通販番号
1006579307
発売日
2015年03月18日
EAN
4514306012309
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

UK.PROJECT主催のオーディションで最優秀賞 を獲得したHelsinki Lambda Clubが、
12月にリリースしたお通しシングルに続き、ファース トミニアルバム「olutta」を3月18日にリリース決定!

「olutta」(読み:オルッタ、フィンランド語で ビールの意味)
“お通し”に続いて、今作は”ビール”!?
昨年12月に発売した枚数限定シングル「ヘルシンキラ ムダクラブのお通し」は、予定枚数を遥かに上回る予約が殺到した結果、まさかの増産を遂げる。シングルのリード曲「バンドワゴネスク」の歌詞内にて 「電波に乗って飛んで行け 僕はここにいる」と歌っていた甲斐があるのかないのか定かではないが、全国各局のラジオ番組ではパワープレイをはじめ、楽曲をたくさん紹介していただき、 関西のラジオ局では「2015年推しアーティスト~分類できない個性派編」としてオンエア。分類ができないという分類に晴れて認定される。鹿野淳氏のラジオ番組では「今週の掘り出しロックバン ド。」としてオンエア。もっともっと世の中の人に掘り出してもらいたいという渇望を欲望し、じわりじわりと反響を呼びながら、日々バンドは掘りあがっている。

Helsinki Lambda Clubの魅力は、純粋な心情とほろ苦い空想、けだるい雰囲気を漂わせつつも、スカッと聴けるポップさであり、結果として聴く人の心をさらっと攫ってしまう彼らは、ズルい奴らなのかもしれない。曲タイトルの並びをみて、「あっ、CLASHのあれ (M3)と、PAVEMENTのそれ(M7)じゃん」ってわかる方には説明不要ですが、オマージュとかそんなつもりはさらさ らなさそうで、ケロっとそんなタイトルをつけてしまう作詞作曲を担当している橋本薫(Vo./Gt.)は、さらにズルい奴な のかもしれない。そして、今作の推し曲はライブでも評判が高いキャッチーな楽曲「All My Loving(M1)」と「ユアンと踊れ(M2)」はもちろんのこと、「Lost in the Supermarket(M3)」はMVを作製中の楽曲だし、今作唯一のスローテンポのバンドサウンド「NIGHT MARKET(M4)」は切なさがこみあげてくるし、「シンセミア(M5)」はサビがとにかくおいしいし、「チョコレィト(M6)」は今作唯一の弾き語り楽曲なのにバンドサウンドに引けを取らず強く印象に残るし、ラストを飾る「テラー・トワイライト(M7)」は1分21秒の ショートソングで「いい曲だなー」って思ったときには曲が終わっているから、そのまま、また一曲目の「All My Loving」から聴きたくなってしまうという無限ループができる作品に仕上がっています。「で、結局推し曲は何曲目なの?」っていうツッコミは なしでお願いします。

●プロフィール●
2013年夏、西千葉のガザル(カレー屋)でバンド結成。
PAVEMENTとCLASHが恋人同士になってしまったような、
ポップなのにどこかひねくれたメロディと、
ひねくれているようで割と純粋な心情を綴った歌詞を特徴とする。

2014年上旬から数々のオーディションに入賞し、
UK.PROJECT主催のオーディションにて、
応募総数約1000組の中から見事最優秀アーティストに選出され、
新木場スタジオコーストで開催されたUKFC on the road 2014への出演を果たす。
同年12月10日にUK.PROJECTから2曲入り 8cmシングルのリリースも叶い、
ますます注目されたい願望は高まるばかりだが、
世間の飽きやすさも承知しているので、飽きられないよう色々と画策中。



 

ソングリスト

  • 1.All My Loving
  • 2.ユアンと踊れ
  • 3.Lost in the Supermarket
  • 4.NIGHT MARKET
  • 5.シンセミア
  • 6.チョコレィト
  • 7.テラー・トワイライト