ダブルゲーム(アナログ)

なかの綾

  • レコード
  • 予約

3,564円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
ヴィヴィド・サウンド
国(Country)
JPN
フォーマット
LP(レコード)
規格番号
HCR9683
通販番号
1007876297
発売日
2019年05月22日
EAN
4540399319148
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

待望のLP化決定!!
ビッグバンドによる「ジャズ歌謡」で女の吐息と叫びを歌い、パンチのあるバンド・サウンドが炸裂する「リズム&ブルース歌謡」でフロアを踊らせる。ルーツと新境地が綾なす10曲(イントロなどを入れると12曲)を収録した昭和発平成経由の渾身作。「ウィスキーがお好きでしょ」を手掛けた杉真理と田口俊による新曲を収録。スペシャル・ゲストにラッツ&スターの佐藤善雄も登場。人気シングル「アサミのブルース」「ギリギリの関係」も収録。企画監修は渡辺祐が担当。

2010年のデビュー以来、昭和歌謡のカヴァーとオリジナルで、(特に)全国の酒場で熱い支持を獲得するシンガー、なかの綾の最新作は、テイストの違うサウンドをA面&B面として収録。ルーツと新境地を濃縮還元したアルバム『Double Game』。
A面は、オンナばかりのビッグバンド、たをやめオルケスタを迎えての「Butterfly Side」。「ウィスキーがお好きでしょ」を手掛けた杉真理と田口俊による「スナック鯉?エピソード2」、aCKy from O.L.H. aka 面影ラッキーホールの作詞による「あたしはあんたのクスリじゃない」という2曲のオリジナル新曲。さらに1988年のヒット曲「抱いてくれたらいいのに」、1978年のヒット曲「かもめはかもめ」のカヴァーを収録。人気シングル「アサミのブルース」で描かれた「スナック・ワールド」へとつながる、吐息と叫びの「ジャズ歌謡」。
そして、B面は「Glamour Side」。R&Bサウンドもディスコ・サウンドも自在に操る気鋭のキーボーディスト、SWING-Oをプロデューサーに迎え、今まで懐に隠し持っていたリズム&ブルース・センスを惜しげもなく披露。オリジナル「ギリギリの関係」を軸に、エミー・ジャクソン/安西マリア(他)の「涙の太陽(Crying in a Storm)」、1969年にリリースされた知る人ぞ知るソウル歌謡「ボーイ・アンド・ガール」、筒美京平/安井かずみによるスリー・ディグリーズの日本語ヒット「にがい涙」をカヴァー。そしてアイク&ティナ・ターナーの「Proud Mary」のカヴァーでは、スペシャル・ゲストとしてラッツ&スターの佐藤善雄が魅惑の低音で参加。パンチの効いたバンド・サウンドをバックに歌う「リズム&ブルース歌謡」の新境地。
 

ソングリスト

  • A1. いらっしゃいませ-ウイスキーが、お好きでしょ
  • A2. スナック鯉-エピソード2
  • A3. 抱いてくれたらいいのに
  • A4. あたしはあんたのクスリじゃない
  • A5. かもめはかもめ
  • A6. アサミのブルース
  • B1. そろそろいっとく-涙の太陽
  • B2. 涙の太陽(Crying in a Storm)
  • B3. ボーイ・アンド・ガール
  • B4. ギリギリの関係
  • B5. にがい涙
  • B6. Proud Mary feat. Yoshio “Barry” Sato