• CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

2,160円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 試聴可能
レーベル
漫想社
国(Country)
フォーマット
CD
規格番号
通販番号
IND0749
発売日
2007年02月10日
EAN
2060109000430
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

2/10発売予定!!担当者、推薦盤!!先行試聴開始中!!
(試聴はディスク1のみとなります。ディスク2のライブ盤に関しては収録曲リストも記載しておりません。ご了承くださいませ。)

都内で活動するギター、ベース、ドラム、キーボード、サックス、パーカッション、ボーカルの5人編成から成る
「俺はこんなもんじゃない」の約3年半振りの2ndが自主レーベル、漫想社よりリリース!!

1stの「Epitonic」はディスクユニオンで大々的に展開されるなど
評価も高く、既に廃盤(現在ディスクユニオンで購入できる在庫のみとなっております)
あふりらんぽ、工藤冬里(Maher Shalal Hash Baz)、
ダモ鈴木(CAN)、nhhmbase、54-71、MELT BANANA、
イースタンユース、キリヒトなどと共演。
昨年の円盤ジャンボリー2日目にもトップで登場。
またメンバーはそれぞれ、タラチネ、henrytennis、スッパマイクロパンチョップなどで活動、大谷能生氏とのコラボなど、東京の新しいアンダーグラウンドシーンで積極的に活動、今やシーンの中核的存在となる。

また、評価は海外でも高く、今春からは海外ツアー予定と
今の東京を代表する熱いバンドであることは立証済み。

今回は、ジャケットのイラストに、コムデギャルソン、VOGUE JAPAN、などで活躍するシルクスクリーンアーティストである
カズモトトモミさんが実際に音源を聴いて書き下ろしたというもの。
紙ジャケット使用、スタジオ盤、ライブ盤との2枚組。
また、特典としてメンバーがそれぞれ活動する別バンドの音源10曲入りCDRが付きます。
更に、ディスクユニオンオリジナル特典が決定しました。記念品が当たる応募券付き!!
初回入荷分のみとなります。なくなり次第終了いたしますので、ご了承ください。
特典は好評に付き終了いたしました。ご了承下さいませ。


プログレ、サイケ、ワールドミュージック、ジャズなど様々な音を独自に解釈し、変拍子、リズム・音の交錯、ユニゾンを含みながら、「俺はこんなもんじゃない」流のポップミュージックを作り上げている。
今後、最も注目すべきバンドの渾身の新作!!!

以下、メンバー記載のライナーより

俺はこんなもんじゃないは2002年に始動したバンドです。
練習スタジオに貼ってあった『俺はこんなもんじゃないと思っているドラムヤロー来れ!!』というメンバー募集チラシの呼び掛けに何かピンとくるものがあり、その台詞をバンド名として拝借しました。
メンバーは一時期8人まで増えましたが、2004年、高円寺での貝殻をめぐる乱闘(※)をきっかけとして編成が変わり、現在の5人組に落ち着きました。音楽性は時とともに刻々と変化してきました。
現在は『いよいよリアルなファンタジー収穫期』ですが、この作品のレコーディング時は『第一次フィジカルミュージック再評価・再検証期』でした。他にも工業製品の動きを模倣していた頃や、ひたすら自然現象を崇めていた時期などがありまた。
このCDにおさめられた楽曲はメンバーの自宅で個人的に作られた大まかな設計図をもとにして、プレイヤーがスタジオ内で各々のフレーズを磨き上げ、徐々に形にしていったものです。それは家内制手工業的な共同作業で、よそ見や、ヤマっ気、誤解、カン違いなどの音楽以外の不純物がきちんと音楽に混ざる事ができるだけの余裕のある、昔ながらのやり方です。
楽曲は約三年の間に考案・建築され、2005年11月のある一日にレコーディングされました。結果としてオーバーダビングは一切行わなかったので、このアルバムはライヴアルバムとしての側面も持っています。ミキシング、マスタリングはもう一度メンバーの自宅にて、主にコンピューターを使用して行われました。
2006年の、日本の、東京にてこのアルバムを発表できることを大変嬉しく思います。このCDは我々の生活の結晶であり、普段目にしたものや耳にしたもの、毎日の天気やテレビで見るニュースが、かたちを変えて沢山入っています。そういった意味で明確な歌詞は無いにしても、フォーク・ミュージックであるといえるかもしれません。
つぎはぎだらけの世界で、諦めずに歌をうたってみせるための戦略であると、いえるかもしれません。それらのものとは一切関係無い、知らない何かなのかもしれません。個人的にはそうだったら良いな、と思っています。
それでは、私たちの音楽をお楽しみください。
狩生健志

ソングリスト

  • 速度の祭
  • 森の掟
  • アフリカ
  • ブラジルの思い出
  • 七拍子〜牛の祭
  • 三月のタモリ
  • 獄門島
  • 知らない町
  • 俺はこんなもんじゃないの宮殿