音楽が降りてくる

湯浅学

  • BOOK
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

3,024円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 特典終了
レーベル
河出書房新社
国(Country)
JPN
フォーマット
BOOK
規格番号
通販番号
JP1009-622
発売日
2011年10月26日
EAN
9784309272795
  • LINE

  • メール

商品詳細情報


音楽批評家・湯浅学、初の本格評論集!森羅万象のライナーノーツ

「幻の名盤解放同盟」常務、バンド「湯浅湾」リーダー、ラジオ「ドントパスミーバイ」DJ
……そしてその実態は、ジャンルの垣根を軽々と跳び越える音楽批評家・湯浅学氏による音楽評論集『音楽が降りてくる』を上梓。

湯浅氏には、これまでディスクガイド的な著書はありましたが、本格的な評論集は本書が初となります。
古今東西のロック、歌謡曲、現代音楽、ブラック・ミュージック、ハウス、テクノ、エスノ、ノイズ、音楽以外のもの……さまざまな音を聴きまくってきた湯浅氏だからこそ到達できた、音楽の「芯」についての論考の数々。
『音山』刊行以来、10 余年の論考を集めた傑作評論。

Profile
湯浅学(ゆあさ・まなぶ)
1957 年横浜生まれ。音楽批評家。「幻の名盤解放同盟」常務。バンド「湯浅湾」リーダー。著書に『人情山脈の逆襲』『音海』『音山』『嗚呼、名盤』『あなのかなたに』(単著)、『ディープ歌謡』『豪定本ザ・ディープ・コリア』『時代の体温』『モータウン・ハンドブック』『ドントパスミーバイ』(共著)、『踊る目玉に見る目玉』『サン・ラー伝』(監修)など。

◎本書に取り上げられるアーティストの一部
はっぴいえんど、細野晴臣、遠藤賢司、布谷文夫、加藤和彦、裸のラリーズ、じゃがたら、アルケミーレコード、突然段ボール、小杉武久、武満徹、大竹伸朗、美空ひばり、南沙織、中島みゆき、ピーター、青樹亜依、野坂昭如、勝新太郎、輪島大士、谷啓、長新太、サン・ラー、ジェームズ・ブラウン、プリンス、ハウリン・ウルフ、ラモーンズ、ハウリング・ヘックス、エルヴィス・プレスリー、フィル・
スペクター、ジョージ・ハリスン、ビーチ・ボーイズ、ニール・ヤング、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、ピンク・フロイド、スパークス、マドンナ、メタリカ、そしてボブ・ディラン……