裸のラリーズ 山口冨士夫在籍期時の屋根裏ライブ音源がCD&LPでリリース決定!(オリジナル特典付き!)

  • 日本のロック
  • ニュース(日本のロック)

2024.06.11

  • LINE

  • メール

山口冨士夫をメンバーに迎えた裸のラリーズが、80年10月に渋谷・屋根裏で炸裂させた歴史的ライヴ・パフォーマンス、ついに公式リリース!


1980年、裸のラリーズは、もう一人のギタリストとして山口冨士夫(ザ・ダイナマイツ/村八分/ティアドロップス)をメンバーに迎え入れる。翌年の3月までという短期間に終わったものの、山口を擁したラインナップによる演奏は、ラリーズにとって異色でありながら強烈な印象を残すものとなり、多くのファンを熱狂させた。
そして、たった7回しか行われなかった彼らのライヴの中でも、とりわけ評価の高い10月29日・渋谷屋根裏での公演が、現存する最良の音質で遂に全貌を現す。
タイトなリズム隊をバックに、2本のギターがぶつかり合い絡み合って生み出される、漆黒の闇より深い黒を湛えた空間が、今ここに圧倒的な生々しさで蘇った。
30分を超えて展開する「俺は暗黒」〜「氷の炎」(※LPでは曲順を変えてA面1曲目とB面1曲目に収録)は、ラリーズの全キャリアを通じても特筆すべきパフォーマンスのひとつだと断言できる。
ジャケットには、宇治晶によって撮影された未公開写真を使用。


●プロデュース:久保田麻琴
●ライナーノーツ:松山晋也
●アートワーク:宇治晶


(2024/6/11 追記) ★ディスクユニオンオリジナル特典決定!!★


★ディスクユニオン限定オリジナル特典(CD版特典):缶バッジ(57mm)



※特典は無くなり次第終了となります。


★ディスクユニオン限定オリジナル特典(LP版特典):缶バッジ(57mm)



※特典は無くなり次第終了となります。

★関連作品★