3/23発売 【特典あり】オクノ修、高田渡を歌う。8年ぶり新作!

  • 日本のロック
  • ニュース(日本のロック)
  • 2011.02.27

    • LINE

    • メール


    特典あり

    お買上げ先着でオクノ修 with core of bellsによる
    「生活の柄」「しらみの旅」の2曲を収録した最新スタジオ録音音源収録(2011年1月収録)のCDを差し上げます。
    さらに甲斐みのりさんによつ下記絵柄のポストカードもセットにして差し上げます!
    いずれも先着特典になりますので、お早めにご予約下さい。


    ウディー・ガスリー、高田渡から連なる至高の正統派フォーク・シンガー”オクノ修”
    豊田道倫プロデュースによる8年ぶりとなる新作アルバム 『オクノ修、高田渡を歌う』 完成


    Bookmark and Share 


    60年代後半から今なお活動を続けるオクノ修。高田渡には、京都時代に出会い大きな影響を受ける。1972年、京都Himikoレコードからアルバム『オクノ修』リリース(2000年に復刻され“アシッド・フォーク”として話題となる)。70年代半ば東京で、はちみつぱいの本多信介(2009年発売のはちみつぱいBOXに収録された「ミスター・ソウル」は2人の共作)らとバンド活動、80年代はニューウェイヴに触発されたバンド、ビートミンツ、ミントスリーピンを結成、京都河原町三条の珈琲店、六曜社地下店を営みながら、これらの活動を続け、1994年、アコースティック・ギターの名器、マーチンD-18との出会いから現在の弾き語りスタイルとなる。

    2001年、船戸博史とジャズ・ピアニスト西山靖夫をバックに弾き語りアルバム『帰ろう』、2003年、渋谷毅、船戸博史、高田漣、関島岳郎、中尾勘ニのサポートで『唄う人』を続けて発表、その初々しくも凛とした歌が、多くの共感を呼んだ。90年代、大阪スカム・シーンから登場したシンガー、豊田道倫は、この数年オクノのライヴに通い親交を深め、遂にはこの企画「オクノ修、高田渡を歌う」となった。本録音の前オクノは、ウディー・ガスリーと初期ボブ・ディランだけ聴いてきた、という。また録音には2本のギター、マーチンとエピフォンを持ってきたが、エピフォンのテキサンだけを弾いて歌った。収録曲は次のとおり、録音もこの順に進められた。

    1.夜風のブルース
    2.失業手当(クビだ)
    3.向日葵
    4.この世に住む家とてなく
    5.ものもらい
    6.いつか
    7.バイバイ
    8.いつになったら
    9.こいつは墓場にならなくちゃ
    10.酒が飲みたい夜は
    11.石
    12.銭がなけりゃ
    (歌、ギター、ハーモニカ:オクノ修。録音:中村宗一郎、ミックス:宇波拓)

    「多くの人が持つ高田渡さんへのイメージ、それとは異なり、しかし改めてその凄さを突きつけるものとなった」とはプロデューサー豊田道倫。歌わなければならない理由が、ここにある。

    オクノ修『出会ったとき~オクノ修、高田渡を歌う』アルバム発売記念イベント
    日時:4/6(水)19:00開場/19:30開演
    トークゲスト:中川五郎 甲斐みのり
    オープニング:豊田道倫

    ------------------------------------------------------
    関連作品

    オクノ修『オクノ修』
    http://diskunion.net/jp/ct/detail/IND3596


    オクノ修『帰ろう』
    http://diskunion.net/jp/ct/detail/IND3597


    高田渡『グラスソングス』
    http://diskunion.net/jp/ct/detail/IND3710

    • 前の記事へ

      3/21発売 【特典あり】大滝詠一NIAGARA CD BOOK 1&A LONG VACATION 30th Edition

      日本のロック

      2011.03.01

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      3/2発売 オリジナル・ラヴの原点ここにあり!アーリーデイズ・コンプリート盤!

      日本のロック

      2011.02.24

    • 一覧へ戻る