7/23発売 サンズ・オブ・サンのボーカリストとして知られるマオがエルトン・ジョンをカバーした異色作が遂に復刻!

  • 日本のロック
  • ニュース(日本のロック)
  • 2014.06.15

    • LINE

    • メール

    日本のソフトロックの秘宝を発掘!

    柳田ヒロ松本隆らが関わったサンズ・オブ・サンのボーカリストとして知られる
    ハーフ歌手、マオがエルトン・ジョンの楽曲を日本語で歌ったソロアルバムが遂に復刻。
    プロデューサーは和モノ/レアグルーヴファンにはおなじみの稲垣次郎!

    これまでニューロック、ソフトロックの文脈でしばしば語られるも、未だ再発されぬ名盤『僕を呼んでおくれ』に先駆けること1年。プロデューサーに稲垣次郎を迎え、1971年に日本コロムビアからリリースされた本作は、エルトン・ジョンの楽曲に日本語で果敢に挑んだ意欲作。マオの不思議な歌声が聴き手をマジカルでドリーミーな世界へ誘う、ソフトグルーヴ傑作!そしてもちろんエルトン・ジョンファンにもおすすめの1枚!

    【初CD化】
    【紙ジャケット仕様】
    【2014年最新リマスタリング】
    【オリジナル:1971年】
    【コロムビア原盤】
    【解説:鈴木啓之】
    【帯コメント:マリアンヌ東雲(キノコホテル)】

    -----------------------------

    すっトボけた声でエルトン・ジョンを何処までもマイペースに歌いまくる、謎の男マオ。
    判るのは、ハーフでなかなかのイケメンと云う事だけ。
    本家に堂々と捧げる強気なカヴァー集。
    マリアンヌ東雲(キノコホテル)

    -----------------------------

    1. 僕の歌は君の歌
    2. フレンズ
    3. ハニー・ロール
    4. 故郷は心の慰め
    5. 60才のとき
    6. イエス・イッツ・ミー
    7. 人生の壁
    8. おくれないでいらっしゃい
    9. スカイライン・ビジョン
    10. 悪い月


    723同時発売
    岡崎広志とスターゲイザースのバート・バカラックカバー集が復刻。編曲は前田憲男
    キュートでパワフルな歌声が弾ける幻のフレッシュ・コーラス・グループ“ウッドペッカー唯一のアルバムが復刻!

    • 前の記事へ

      7/23発売 岡崎広志とスターゲイザースのバート・バカラックカバー集が復刻。編曲は前田憲男

      日本のロック

      2014.06.15

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      7/9発売【限定Tシャツ付きSETあります】 浅井健一のソロ名義アルバムが発売決定!!

      日本のロック

      2014.06.13

    • 一覧へ戻る