6/20発売 デビュー20年を迎えた比屋定篤子の今が詰まった10年ぶり7枚目のオリジナルアルバムがLP化!!

  • 日本のロック
  • ニュース(日本のロック)
  • 2018.06.15

    • LINE

    • メール


    沖縄、東京、子供、夫婦、歌うこと、曲を書くこと、絵を描くこと。
    昨年デビュー20年を迎えた比屋定篤子の今が詰まった10年ぶり7枚目のオリジナルアルバムのLP化です!

    1997年、アルバム「のすたるじあ」でデビューし、ブラジル音楽をベースにしながらも独自の世界観で歌を届けてきた比屋定篤子の10年ぶり7枚目となるオリジナルアルバムのLP化です。

    サウンドプロデューサーにKIRINJIでも活躍中の人気ベーシスト千ヶ崎学を迎え、ギターには盟友、笹子重治はもちろん、影山敏彦と後藤秀人、ドラムには宮川剛と楠均、パーカッションの岡部洋一、クラリネットの黒川紗恵子、ピアノ・キーボードに伊藤隆博など豪華ミュージシャンが脇を固めます。


    収録曲は、自身のライブアルバムでも発表している金延幸子作曲の「カサカサジンジン」のスタジオバージョン、最近のライブでも頻繁に取り上げているKIRINJIのカヴァー「エイリアンズ」、作詞の堀込高樹氏(KIRINJI)本人もドキッとしたという「みんなはできた君はできない」など、バラエティに富んだ聴きどころ満載のアルバムです。
    ■サウンドプロデュース:千ケ崎 学(KIRINJI)
     

    • 前の記事へ

      6/20発売▼イベント決定+特典付▼カーネーションの35年の歴史を網羅した楽曲に加え、新曲2曲を追加した最新オールタイムベストアルバム!

      日本のロック

      2018.06.15

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      7/25発売 岡林信康がはっぴいえんど共にURC時代にリリースしたシングル盤が豪華6枚組限定7インチBOX-SETでリリース!

      日本のロック

      2018.06.14

    • 一覧へ戻る