7/11発売★同時購入特典★ASYLUMのビクター盤2タイトルが初の再発!!

  • 日本のロック
  • ニュース(日本のロック)
  • 2018.06.21

    • LINE

    • メール

    ASYLUM ビクター盤2タイトルが初の再発!!
    Gazelle書き下ろしセルフライナーノーツ、未発表曲を含む当時のライブテイクをボーナストラックに加え、リマスター音源での待望のリリース!!


    『ASYLUM (再発盤)』(GFL1209)と、『THE PIECE OF THE FOOLS (再発盤)』(GFL1210)を2枚同時にお買い上げいただくと先着で
    ★革製キーホルダー★
    を差し上げます!!!
    ※革のカラーが変更になりました。ご了承ください。


    ロゴ焼き押し
    【サイズ】91mm(皮革部・横68mm×縦27mm)

    ※画像はイメージです。完成の現物とは異なる場合がございます。




    ASYLUM (再発盤)

    80年代後期のインディーズブームの中でシーンを席巻していたASYLUMが、'89年にビクターよりリリースしたメジャーデビューアルバム。
    当時のメンバーはGazelle(Vo)/Aki(G)/有賀正幸(Ba)/ヒロシ(G)/Mitsu(Dr)の5人編成。Gazelleの情緒溢れる歌声に絡むソリッドなギターアンサンブル、特徴的なベースラインと複雑なリズムが高密度に整合され、各パートの個性が存分に発揮されている録音が秀逸な作品。ハードロック的な色合いに弓楽器を取り入れたアレンジなど、彼らの音楽性がより深く進化していく過程に於いて最も重要なアルバムである。ボーナストラックに、アルバム録音メンバーによる同年の貴重なライブテイク2曲を収録。 
     




    THE PIECE OF THE FOOLS (再発盤)

    1990年ビクターからリリースされた2ndフルアルバム。メンバーは前作同様のGazelle(Vo)/有賀正幸(Ba)/ヒロシ(Gu)/Mitsu(Dr)の布陣に、前作でツインギターの一方を担っていたAkiが脱退し、現dipのヤマジカズヒデにチェンジしている。冒頭のGazelleによる語り、~森の中、息子に昔話を聞かせる老人 その二編のストーリー~ とあるように、今作ではストーリー性を全面に打ち出したコンセプトが強く反映され、その物語に基づいたバラッドなサウンドの作品に仕上がっている。綿密な曲構成の中に、ヴォイス・パフォーマンスや更に変則的になったリズム、サウンド・コラージュなどを効果的に導入し、ASYLUMの持つ“陰”と“陽”に実験的な要素を加えた傑作。


    <BIOGRAPHY>
    1985年に結成。翌年、当時を席巻していたトランスレコードよりソノシートをリリースしデビュー。1987年リリースの1stアルバムはインディーズ・チャート1位を軒並み獲得し、トランスレコードの看板アーティストとなる。1989年、ビクターへ移籍しメジャーデビュー。ポジパンのカリスマ的ポジションに位置付けられ、後のヴィジュアル系バンドに多大な影響を与えた。過去には、DEATH SIDE、LIP CREAM、dipなど錚々たるメンバーが在籍。シングル4作、アルバム5作を発表、多数のV.A.に参加の後、1992年解散。2000年、2006年に再結成。その後、ASYLUMとしてのリリースはなく、作品に関してはGazelleのソロワークを中心とした活動へと移行。2016年Grand Fish/Labより、24年振りとなるアルバム『AWAKE IN A REVISITED WORLD』をリリースし、再始動を果たした。
    • 前の記事へ

      6/27発売 ロックアパレルブランドから"hide"のTシャツがリリース!!

      日本のロック

      2018.06.27

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      7/4発売★特典付★ライブで町あかりのバックを努めるバンド、池尻ジャンクションを従えたバンドサウンドが炸裂!

      日本のロック

      2018.06.18

    • 一覧へ戻る