11/7発売★特典付★THE COLLECTORS、23作目のオリジナルアルバムをリリース!!

  • 日本のロック
  • ニュース(日本のロック)

2018.10.04

  • LINE

  • メール



秋にドキュメンタリー映画の公開を控えたTHE COLLECTORSが23枚目のオリジナルアルバムをリリース!!

2017年3月に結成30周年の武道館公演を終え、2018年毎月行なっているクアトロマンスリー公演は全公演即完し、ますます存在感の増すTHE COLLECTORSが待望の23枚目のオリジナルアルバムをリリースします。秋にはTHE COLLECTORSの初のドキュメンタリー映画、そして日本初のモッズドキュメンタリー映画『THE COLLECTORS~さらば青春の新宿JAM~』の公開が控えています。


★ディスクユニオンオリジナル特典”マルチクリーナークロス”付★
大きさは18×15cm!!


※特典が無くなり次第終了となります。

 



<限定ステッカー付き特別鑑賞券 1,400 円発売決定!>

全国の『THE COLLECTORS~さらば青春の新宿 JAM~』 上映劇場で
ご利用いただけるお得な特別鑑賞券 1,400 円 (税込)が限定ステッカー付きで発売決定!
ステッカーのデ ザインは昨年のクリスマスイブに新宿 JAM で行われた THE COLLECTORSワンマンライブ告知のデザイン。
大きさはスマホにちょうど貼れるサイズになっています。

★限定ステッカー★



9/26(水)よりディスクユニオン下記店舗での販売、及びオンラインでの通販が開始されます。

・お茶の水駅前店
・新宿BF日本のロック・インディーズ館
・下北沢店
・吉祥寺店
・渋谷中古センター
・池袋店
・大阪店

※劇場窓口での販売は、<東京・渋谷 HUMAX シネマ> と<愛知・センチュリーシネマ>のみとなりますのでお気を付けください。

<全国の上映劇場>
京都・京都国際映画祭 2018|10/11(木)~10/14(日)開催 ※上映日未定
東京・新宿ピカデリー|11/23(金・祝)~12/6(木)
宮城・MOVIX 仙台|11/23(金・祝)~12/6(木)
京都・MOVIX 京都|11/23(金・祝)~12/6(木)
大阪・なんばパークスシネマ|11/23(金・祝)~12/6(木)
福岡・ユナイテッド・シネマ キャナルシティ 13|11/23(金・祝)~12/6(木)
神奈川・イオンシネマみなとみらい|11/23(金)~12/6(木)
埼玉・イオンシネマ熊谷 |11/30(金)~12/13(木)
新潟・イオンシネマ県央 |11/30(金)~12/13(木)
石川・イオンシネマ金沢 |11/30(金)~12/13(木)
広島・イオンシネマ広島 |11/30(金)~12/13(木)
東京・渋谷 HUMAX シネマ|12/7(金)~12/14(金)
岩手・盛岡ルミエール|12/7(金)~12/13(木)
兵庫・神戸国際松|12/14(金)~12/27(木) 愛知・センチュリーシネマ|12 月

以降全国順次公開予定

 



☆主題歌「明治通りをよこぎって」7 インチアナログ盤
11/21(水)ディスクユニオンより発売決定!


2018年11月23日より新宿ピカデリーほかにて劇場公開される、THE COLLECTORS、奇跡の新宿JAMラストライブと、1980年代東京モッズシーンを記録した日本初のモッズドキュメンタリー映画のオリジナル・サウンドトラックEPリリース!!

■収録曲:Side-A: 明治通りをよこぎって[~さらば青春の新宿JAM~主題歌]
              Side-B:NICK! NICK! NICK!/プ・ラ・モ・デ・ル[2017年12月24日@新宿JAMライブ音源]

■アナログ盤企画・監修:塙耕記
■初回限定生産/7inch EP(レッドヴァイナル)
■マスター盤プレッシング

マスター盤プレッシングとは・・・
通常はカッティングされたラッカー盤(凹)から、マスター盤(凸)→マザー盤(凹)→スタンパー盤(凸)という工程でアナログ盤をプレスしますが、「マスター盤プレッシング」ではマザー盤・スタンパー盤を製作せずに、マスター盤から直接プレスします。 2度のコピーを省くため、カッティング時に近い溝が形成され、よりダイレクトでリアルな音の再生を実現いたしました。

 

  • 前の記事へ

    11/7発売▼イベント決定▼cali≠gariのベーシスト村井研次郎によるソロ・アルバム「UNDERMINED」

    日本のロック

    2018.10.04

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    10/24発売 渚ようこ、「渚のズンドコ節」7インチ発売

    日本のロック

    2018.10.03

  • 一覧へ戻る