2/13発売★特典付★青春の影を描いたギターポップバンド「Super Ganbari Goal Keepers」1stフル・アルバムをリリース!

  • 日本のロック
  • ニュース(日本のロック)
  • 2019.01.24

    • LINE

    • メール

    青春の影を描いたギターポップバンド「Super Ganbari Goal Keepers」遂に1stフル・アルバムをリリース!
    ジャケットは大橋裕之による書き下ろし!



    ザ・スミスの精神を現代に蘇らせたら?
    もしもリヴァース・クオモが日本で生まれていたら、こんな歌詞を書いていたのではないか?そんなギターポップやネオアコのレジェンドを彷彿とさせつつも、現代的なインディーポップ感覚を兼ね備えたバンドがSuper Ganbari Goal Keepersだ。
    3分間前後の楽曲にオルタナ、ネオアコ、アノラック、パンクなどが混然一体となっているが、全てに共通しているのはメロディーの煌めきとナイーヴな歌声である。現代の日本でしかありえない青春の苦悩を詰め込んだ歌詞、それを豊潤なメロディーに乗せることで独自の世界を描いている。要所に冴えわたるギターのフレーズ、甘酸っぱく切ない歌声の組み合わせはまさに現代のモリッシー/マーと言えるかもしれない。今回が初のフル・アルバムであり、過去に発表したEPから再録音した曲と新曲で構成されている。バンド本来の音をストレートに収めつつもバラエティに富んだ楽曲が並び、1stアルバムにしてベスト・アルバム的な内容と言える。ジャケットは漫画家の大橋裕之が手掛けている。また、AVに楽曲提供することが多く、MV「死んだ目をした少年」では主演がAV女優の唯井まひろ、監督は木村真也(AV監督)が手掛けている。


    ★ディスクユニオンオリジナル特典”未発表音源収録CD-R”付★
    ※特典が無くなり次第終了となります
     

    • 前の記事へ

      2/20発売▼イベント決定▼杉本恭一の9thアルバム『think outside the box』がリリース!

      日本のロック

      2019.01.25

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      2/27発売▼特典+イベント決定▼摩天楼オペラの2016年以来、約3年ぶりとなるアルバム!

      日本のロック

      2019.01.24

    • 一覧へ戻る