12/18発売 浦和で開催された伝説の音楽イベント「ロック・ソサエティ・ウラワ」から遠藤賢司、高田渡の幻のライブ音源集が発売!!

  • 日本のロック
  • ニュース(日本のロック)
  • 2019.11.01

    • LINE

    • メール

    浦和で開催された伝説の音楽イベント「ロック・ソサエティ・ウラワ」
    奇跡的に発掘された遠藤賢司の幻のライブ音源集


    かつて埼玉県浦和市に存在した音楽サークル「ロック・ソサエティ」。1970年代初頭にレコード・コンサートからイベント企画が始まり、フィルム・コンサートを経て、その後ライブ・コンサートの企画へと発展した。そして1972年春の「RSU音楽祭」、同年夏の「RSU夏の陣」、そして1973年春の「第2回RSU音楽祭」と計3回にわたって、数々の国内ミュージシャンを呼んだ一大イベント「RSU音楽祭」を地元の浦和市で開催、その模様が音質も良好な状態で奇跡的にオープン・リールに録音されていた。

    遠藤賢司は1972年「RSU音楽祭」と「RSU夏の陣」出演時の模様を収めた2枚組。はっぴいえんどの3人が参加した名盤『満足できるかな』からの楽曲を中心に、吉田拓郎、高田渡、あがた森魚のカバーも織り交ぜながらギター1本で遠藤賢司の宇宙を展開していく様は圧巻。さらに本作の目玉はレコーディング作品としても残されていない曲名不明の未発表音源!

    1972年の遠藤賢司の超貴重な幻のライブパフォーマンス集。エンケン25歳の瑞々しい記録。
    *disc1 9曲目「カレーライス」はマスターテープ2本にまたがって保存されていたため、フェイドアウト/フェイドインで繋いで編集しております。あらかじめご了承ください。
    遠藤賢司 / ロック・ソサエティ・ウラワ (1972 RSU音楽祭&RSU夏の陣)
    • 日本のロック
    • CD
    • 予約

    2,750円(税込)

    • CD
    • 予約

    ※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!


    浦和で開催された伝説の音楽イベント「ロック・ソサエティ・ウラワ」
    奇跡的に発掘された高田渡の幻のライブ音源集


    かつて埼玉県浦和市に存在した音楽サークル「ロック・ソサエティ」。1970年代初頭にレコード・コンサートからイベント企画が始まり、フィルム・コンサートを経て、その後ライブ・コンサートの企画へと発展した。そして1972年春の「RSU音楽祭」、同年夏の「RSU夏の陣」、そして1973年春の「第2回RSU音楽祭」と計3回にわたって、数々の国内ミュージシャンを呼んだ一大イベント「RSU音楽祭」を地元の浦和市で開催、その模様が音質も良好な状態で奇跡的にオープン・リールに録音されていた。

    高田渡は1973年「第2回RSU音楽祭」の模様を収録。同年ベルウッドより発売されたアルバム『石』収録曲や、高田渡がシバなどと結成していた“武蔵野タンポポ団”の曲など、ヴァラエティに富んだ内容。歌はもちろん高田渡独特のあのギター奏法も十分に堪能できる。24歳の高田渡の姿を捉えた超貴重な幻のライブパフォーマンス。
    WATARU TAKADA / 高田渡 / ロック・ソサエティ・ウラワ (1973 第2回RSU音楽祭)
    • 日本のロック
    • CD
    • 予約

    2,200円(税込)

    • CD
    • 予約

    ※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

    • 前の記事へ

      2020年1月15日 渋谷クラブクアトロで、遠藤賢司生誕72周年『お~い えんけん!ちゃんとやってるよ!2020』が開催!!

      日本のロック

      2019.11.06

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      ディスクユニオン町田店発!フリーペーパー「J-ポップ通信」!(2019.11月号)

      日本のロック

      2019.11.01

    • 一覧へ戻る