6/23発売 Yohji Yamamotoのパリ・コレクションのために高橋幸宏とTHE BEATNIKSが書き下ろしたショー音楽を収録した作品が、砂原良徳による最新マスタリング盤でCD&LPで復刻!

  • 日本のロック
  • ニュース(日本のロック)

2021.05.06

  • LINE

  • メール
高橋幸宏と鈴木慶一のユニットであるTHE BEATNIKS、そして高橋幸宏が単独で、世界的ブランドYohji Yamamotoのパリ・コレクションのために書き下ろした楽曲を、それぞれアルバムとしてリリースしたのは1996年。当時、山本耀司と高橋幸宏らによって設立されたコンシピオ・レコードからのリリースであった。耳のすぐれた音楽ファンの間で高い評価を集めた本作は、発売後四半世紀を迎えても色あせることなく、むしろエレクトロニカの嚆矢として、今なお刺激的な作品といえる。山本耀司と高橋幸宏らによって設立されたレーベル、コンシピオ・レコードで、山本と高橋それぞれがソロ作品をリリースしているが、山本の思い描くコンセプトを高橋が音によって具象化した本作は、二人が本格的にタッグを組んだ作品である。

高橋幸宏が単独で、世界的ブランドYohji Yamamotoのパリ・コレクションのために書き下ろした楽曲を、それぞれアルバムとしてリリースしたのは1996年。当時、山本耀司と高橋幸宏らによって設立されたコンシピオ・レコードからのリリースであった。 耳のすぐれた音楽ファンの間で高い評価を集めた本作は、発売後四半世紀を迎えても色あせることなく、むしろエレクトロニカの嚆矢として今なお刺激的な作品である。本作は、1987年発売の「EXITENTIAIST A GO GO」から、2001年「M.R.I」まで、オリジナルのアルバム発表が なかった時期に、唯一THE BEATNIKS名義でリリースされた、ミッシング・リンク的アルバム。Yohji Yamamoto の1996 年春/夏のコレクションのために製作された。
  • 前の記事へ

    9/15発売 スピッツ デビュー30周年 スぺシャル・アルバム3タイトルを180g重量盤アナログ化!

    日本のロック

    2021.05.07

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    6/23発売★特典付★Kroi 待望のMajor 1st Album「LENS」リリース!

    日本のロック

    2021.05.06

  • 一覧へ戻る