4/24発売【特典あり】CAUCUS、3年振りとなる国内リリース!新作発売決定!

  • 日本のロック
  • ニュース(インディーズ)
  • 2013.04.12

    • LINE

    • メール
    USインディーシーンとも共鳴しながら、
    良質のインディーポップ/シューゲイザーを紡ぎ続ける、CAUCUS新録ミニアルバム!




    2010年発売の「going for a lonesome dream」がロングセラー。
    その後、2011年にPains Of Being Pure At Heartをいち早く発掘したことで知られるUSの名門インディーレーベル、Cloudberry Recordsからリリースされた7インチ・シング「wandering ones」以来となる、久しぶりの新録作品がリリース決定。

    作品、ライブともに国内外を問わず高い評価を集め続けてきたCAUCUSの今を余す事なく閉じ込めたキャリア屈指の名作の完成です。



    ★先着特典★
    ご購入先着で<アルバム未収録音源CDR>を差し上げます!
    ボーカル柳川のソロプロジェクト"pragma"によるCAUCUS過去曲のリミックス、ワンマンライブからのベストテイクなど全5曲!! 人気曲のsing、modern boyも含む未発表ライブ音源とリミックスです!

    1. modern boy (pragma remix)
    2. were to see (nanocycle remix)
    3. everything and everything else (live)
    4. modern boy (live)
    5. sing (live)
    6. were to see (live)
     
    ※特典数に限りがございますので、予めご了承ください。





    2010年発売の「going for a lonesome dream」がロングセラー。その後、2011年にPains Of Being Pure At Heartをいち早く発掘したことで知られるUSの名門インディーレーベル、Cloudberry Recordsからリリースされた7インチ・シングル「wandering ones」以来となる、久しぶりの新録作品がリリース決定。作品、ライブともに国内外を問わず高い評価を集め続けてきたCAUCUSの今を余す事なく閉じ込めたキャリア屈指の名作の完成です。

    VELTPUNCHの前ドラマーとしても知られる遠藤泰介(SUBTERRANEANSS, GROUNDCOVER. DJLGHTNVL, ex-six o’minus)が加入後初のミニアルバムとなる今作は、これまでの作品通り吉祥寺GOK SOUNDにて録音された全7曲。バンドの代名詞として確立した3本のギターが紡ぐメロディと轟音に、しなやかさはそのままより重圧に深化したリズムセクション。インディーポップ/シューゲイザーというバンドの基軸はそのままに、サイケ、グランジまでも消化し、これまでの作品を通じて最もポップかつ色彩豊かな仕上がりになっている。

    前出の7インチ作「wandering ones」、インドネシアのShiny Happy Recordsコンピ収録の「light is beneath the dark」も新録で収録。川上のボーカルをフィーチャーしたライブでも好評の「きみのうた」には、Luminous Orangeのサポートとしても柳川・川上と共演し、ソロとしても評価の高いはやしいとがコーラスで参加。 「wandering ones」に続いて、本作も柳川によるプロデュース、ミックス作品。マスタリングは中村宗一郎氏(ピースミュージック)。

    [収録曲] ※一部曲順・曲名が変更となる場合がございます
    ●colors
    ●snowstorm
    ●remedy
    ●party
    ●wandering ones(新録)
    ●light is beneath the dark(新録)
    ●きみのうた




    CAUCUS「COLORS」
    fate1 / 2013/04/24発売  税込1,890円
    ご予約はこちらから


    • 前の記事へ

      4/15発売 太平洋不知火楽団記録DVD作品発売!diskunion特典で缶バッヂ付!

      日本のロック

      2013.04.12

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      5月中旬入荷 OGRE YOU ASSHOLE、録りたての新バージョン4曲を収めた『Confidential EP』発売

      日本のロック

      2013.04.10

    • 一覧へ戻る

    最新ニュース