12/13発売★Tシャツ付セット★CAUCUS、4年ぶりのNewアルバム!!

  • 日本のロック
  • ニュース(インディーズ)

2017.11.09

  • LINE

  • メール


邦楽インディーズ/シューゲイザーシーンで確かな足跡を残し、SXSWやNYC Popfestなど、名門海外フェスでもその演奏が高く評価されてきたCAUCUSによる、4年ぶりの新作が完成!! 

3年半にも及ぶスタジオワークでソングライティングに専念し、バンド本来の出目であるオルタナティブという要素を突き詰め、これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が産み落とされました。バンド史上最速のノイズポップ「shy girl」や、遠藤泰介によるヘヴィーなビートが轟音ギター以上にフィーチャーされた 「what have you done」といったシューゲイザー要素を活かした楽曲郡に、80年代USインディー的な「hello」、12弦と逆回転が美しいサイケデリアを紡いでいく「sound of the air」、紅一点・川上宏子による流麗な小品「光る舟」 といった新機軸を織り交ぜた全10曲・約50分。独特の立体感の中で大人の遊び心が光る録音とミックスは、skillkills、Luminous Orange、extruders、 幾何学模様などの諸作でも知られるツバメスタジオ・君島結が担当。また、ピースミュージック・中村宗一郎が前作に引き続きマスタリングを手がけています。アメリカ屈指の名オルタナバンド、スリーター・キニーが、轟音とサイケデリア、そして実験的なプロダクションを用いて、 エッジと独特の温かさを両立させた名盤『ザ・ウッズ』(2005年作)にも通ずるであろう今作。攻めに攻めた意欲作の完成です。


ここ3年ほど柳川君から、「曲できたんです」「やっとプリプロです」「とうとうレコーディングです」等、
たびたび報告を受けていたニューアルバム。サポートしてくれているルミナスオレンジのスタジオでも、
柳川君のギターからはアイデアが溢れ出し、楽しさと発見に満ちた録音の様子がうかがえました。
CAUCUSの音楽にはいつも不思議な高揚感が宿っていて、聴いたあと身体の重心が3cmほど
フワっと持ち上がる感じがするのですが、さらに今作「Sound of the Air」に耳を凝らすと、
楽曲に自然に溶け込んでいる実験性や遊び、そのきらめきにも、心奪われること必至です。
---竹内里恵(Luminous Orange)


この作品を作るずっと前から、試行錯誤と取捨択一の果てしない積み重ねをし続けてきたんだろうな
って思いました。その末にたどり着いたのがこの世界なんだよね。もーまさに作り手の「音楽人生の厚み」
そのもの。初期衝動と円熟の両立が可能であることのとびっきりの証明。お見事です。柳川くんの
アツい想いが伝わりました。ありがとうございます。あと、この作品の具現化に尽力したであろう、
君島さんの力量にも最大級の賛辞を。お見事です。正直ちょっと泣きました。
---コバヤシハジメ aka ハジメガネ(BP./スペースカンフーマン/on button down)


It's sounds really good! The songs remind me a little of Pia Fraus or the great,
classic English shoegaze bands. Bravo!
---Dusty Reske (Rocketship)






ディスクユニオン限定!!
Tシャツ付きセットの「Sound of the Air 」を販売!!
数に限りがございますので、ご注文はお早目に!!




BODY:GILDAN

[サイズについて]
(cm) 身丈 身幅 裄丈
       
S 71 45 41
M 73 50 45
L 76 55 49
       
※数値はカタログのものなので実寸とは異なる場合もございます。
目安としてご活用ください。
  • 前の記事へ

    11/19(日)・11/24(金) 「bwpとファンキーヘッドライツ」インストアライブ開催決定!!

    日本のロック

    2017.11.09

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    11/15発売★特典CD-R付★注目のAORユニット「ブルー・ペパーズ」が待望のフルアルバムをリリース!!

    日本のロック

    2017.11.08

  • 一覧へ戻る

最新ニュース