6/26発売 田中ヤコブ(家主、ラッキーオールドサンetc)による新作7inch EPリリース!!

  • 日本のロック
  • ニュース(インディーズ)
  • 2019.06.12

    • LINE

    • メール

    昨年リリースされたアルバム『お湯の中のナイフ』で鮮烈なデビューを飾った田中ヤコブによる新作7inch EPの完全限定リリース決定!

    デビュー作リリース後も、バンド<家主>としてのライブ演奏や、ラッキーオールドサンを始めとした様々なアーティストをギタリストとしてサポートするなど、様々な活動を行ってきた田中ヤコブ。卓越したソングライティングと爆発的演奏で多くのファンを魅了してきた彼が、3曲入り7inch EPというなんとも魅力的なフォーマットでオリジナル新作をリリース!

    そしてなんと今回、音楽全部を(もちろん作詞作曲・演奏含め)司りながらも大胆にも他アーティストに歌唱を任せてしまうという、いわば<フィル・スペクター・スタイル>による新作。歌唱陣はTaiko Super Kicksから伊藤暁里、注目の女性アーティスト<浮>、わがつま、そして幸木野花という面々。ポップスとロックの旨味が隅々まで行き渡る田中ヤコブのソングライティング&演奏が四人四色の歌声を鮮やかにフィーチャーする、他に類を観ないEP作品がここに…。

    <田中ヤコブ プロフィール>
    バブル経済末期、沖縄県にて産声を上げ、転勤で各地を転々としつつ、ミレニアム前夜に東京都と神奈川県境地域に落ち着く。セミプロミュージシャンとして活動していた父からの影響もあり、様々なロック音楽を浴びながら育つ。中学時代よりギターを始め、以来ギターを一番の親友として、自室で弾きまくる。 いつからか、誰に聞かせるでもない珠玉のポップチューンを独学で作りはじめ、MTRの手を借りてシコシコと録音、それらデモ楽曲を密かにyoutubeにて発表。同時代のインディーシーンから隔絶したマイペースな活動を続けるも、そのデモは一部の激賞を呼ぶ。また、近年ではラッキーオールドサンのサポートギタリストなどの活動を通して、その激烈なプレイで聴くものを魅了してきた。2018年6月、トクマルシューゴ主宰「TONOFON」より初アルバム『お湯の中のナイフ』をリリース。自身が所属するバンド「家主」を始めとして活発な演奏活動を行っている。
    https://coboji.tumblr.com/ 

     

    • 前の記事へ

      7/10発売!THE LET'S GO's新メンバーによる初アルバムにディスクユニオン限定"トートバック付きセット"決定!!

      日本のロック

      2019.06.13

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      西宮のロックンロールバンド”KING BROTHERS”ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019出演決定!

      日本のロック

      2019.06.06

    • 一覧へ戻る