10/23発売 武田理沙、待望の2ndアルバム!! ボーカルナンバーで構成した驚喜の第2作。

  • 日本のロック
  • ニュース(インディーズ)
  • 2019.08.07

    • LINE

    • メール
    武田理沙、待望の2ndアルバム。
    沸点超えた兇器の1stアルバム「Pandora」より1年、全9曲中8曲をボーカル・ナンバーで構成した驚喜の第2作。


    作詞、作曲、編曲、録音、演奏、プロデュース:武田理沙

    1stは音楽の形態、外枠を制限しない状態から少しずつ狭めていって自分が構造の限界を受け入れたと感じる境界線を探る実験でした。今回は逆に構造の限界を受け入れた上で、自分なりの外枠をどこに見出すのか、又は見出さないのかの緻密な境界線を探る実験で、個人的にはどちらもポップスだと思っています。
    ---武田理沙

    【武田理沙(Risa Takeda)】
    北海道出身。3歳よりクラシックピアノを始める。大学時代はドラマーとして活動。2011年4月上京し、ブルース、ジャズ、インプロビゼーション主体のセッションに多数参加する。2014年7月、John Zorn's COBRAに出演。様々なバンドで活動する傍ら、2016年にソロ活動を開始。即興演奏、映像を使ったオリジナル曲、FRANK ZAPPAのピアノカバーなどが世界中より好評を博している。2018年8月、初のオリジナルアルバム「Pandora」を発売、複雑なメロディとハーモニーに漲るリズム、音列などが構築された末に、これらが自由に、しかし緻密なアンサンブルで具体化された16曲130分2枚組大作として大好評を得、吉田達也、坂田明、横川理彦、山本精一、鈴木慶一などと共演を重ねて来ている。


    • 前の記事へ

      9/4発売★Tシャツ付きセット★OGRE YOU ASSHOLEの三年ぶりとなるアルバムがリリース!!

      日本のロック

      2019.08.09

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      8月下旬入荷 祝40周年!! 非常階段「King Of Noise」初LPリイシュー!!

      日本のロック

      2019.08.07

    • 一覧へ戻る