10/10発売 OOIOO、原点回帰となる6年ぶりの新作アルバム「Nijimusi」リリース!!

  • 日本のロック
  • ニュース(インディーズ)
  • 2019.08.14

    • LINE

    • メール
    鳴ること自体に理由を持たず、生まれたとたん空気に滲んで消えてゆく匂いのような音の去来。
    無調の音節が持つ言語以前の言葉の意味。生命が持つ脈動の渦の不思議…。
    新しい発見が、実は初めからそこにあったものの再確認であるように、OOIOOが当たり前に音を鳴らした、人類未聴の音世界が完成しました。

    OOIOOの6年ぶりとなる新作は、原点回帰の4人編成のバンドへと立ち返り、これまでに彼女達が作り上げてきた独自の表現方法を全面的にフィーチャーした、OOIOO以外何者でもない音楽となりました。この音楽が、ギターx2、ベース、ドラムという実にオーソドックスな編成で織り成されているという事実に多くの人は驚かされることでしょう。本作では、シンプルに「音が鳴るもの」として素直に正対した楽器の用い方を通し、よりプリミティヴで原則的な音との関わり方が実践されています。ドラムが空気をたっぷりと揺らす様子を顕微鏡のように捉えながら、真空パックのように濃密な低音や自由な電子音が、あたかも昔からそこに在ったかのように配置されている様は、アンサンブルという音楽的枠組みを超え、生命ある生物のように不可分な「こういう、ひとつのもの」として提示されています。本作は音楽でありながら、手触りや匂い、雰囲気や気配を強く喚起する作品です。もしも音楽が聴覚と時間の芸術表現だとしたら、本作はもはや音楽から逸脱し始めているのかもしれません。それでも今、この音を鳴らす。それは動物の鳴き声のように固有の音を鳴らすOOIOOという生命体が、今ここに生きている証です。同時代に生きるものだけが確認できる今のOOIOOを、一緒に体験してみてください。

    仕様:スペシャルCDジャケット(7インチサイズ)




    • 前の記事へ

      9/13発売 テニスコーツ+立花泰彦による、ジャズ・スタンダード(and more)カバー集発売!!

      日本のロック

      2019.08.14

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      9/11発売★特典付★SSW ”Hara Kazutoshi” 8年ぶりの2ndアルバム完成!!

      日本のロック

      2019.08.14

    • 一覧へ戻る