忘れられない日本人移民 ブラジルへ渡った記録映像作家の旅

JUN OKAMURA 岡村 淳

  • BOOK
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

1,980円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
港の人
国(Country)
JPN
フォーマット
BOOK
規格番号
489629260X
通販番号
1007117628
発売日
2013年04月22日
EAN
9784896292602
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

ブラジルの知られざる日本人移民の人生を描いた記録文学の傑作!

ブラジル在住の記録映像作家・岡村淳が、土地なし農民運動のリーダー、広島で被爆し、在外被爆者問題で奔走した男性、70歳を過ぎて陶芸に打ち込んだ女性陶芸家など、ブラジルで逞しく、情熱的に生きる6人の日本人移民の人生をゆるみのない確かな筆致で描く。
長年著者と親交を深めている作家・星野智幸氏が「七人の移民」と題して本書に寄稿。
巻末には「岡村淳 自主制作作品フィルモグラフィー」を掲載。

岡村淳◎おかむら・じゅん
記録映像作家。1958年東京生まれ。早稲田大学第一文学部日本史学専攻卒業。考古学を学んだ後、1982年日本映像記録センター入社。「すばらしい世界旅行」「知られざる世界」の番組ディレクターを担当し、おもに中南米を取材。1987年、フリーランスとなりブラジルに移住。1997年から自主制作のドキュメンタリー作りを始める。ブラジルの日本人移民、そして社会・環境問題をテーマとした映像作品の制作を継続中。近年の作品に「あもーる あもれいら」(全3部)「サルヴァドールの水彩画」「リオ フクシマ」など。「ひとりでもご覧になりたい方がいればおうかがいする」という方針で、これまで日本、ブラジル、台湾、アメリカ、オランダなどでライブ上映会を実施。