伝えたい箏 -koto- ll

KASUMI WATANABE 渡邊香澄

  • UHQCD
  • 売切
  • (注文不可)

3,056円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
  • 試聴可能
レーベル
ティートックレコーズ
国(Country)
JPN
フォーマット
UHQCD
規格番号
TTOC0022
通販番号
1007498006
発売日
2017年10月11日
EAN
4988044891425
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

箏演奏家『渡邊香澄』の全曲 「オール25 絃箏」ソロによるセカンドアルバム。
ファーストアルバム「伝えたい箏-koto-」に続くセカンドアルバム「伝えたい箏-koto-II」。
ダイナミックな音から繊細な音まで、25 絃箏の魅力をたっぷりと収録。
身近に感じられる曲をオリジナルアレンジした心を揺さぶる癒しの1 枚。

192KHz/32bitによるハイレゾ録音 ! さらに次世代の高音質UHQCDで登場 !
邦楽界の「りょう」 箏、「渡邊香澄」、「初回限定盤(LIVE会場のみの販売)」と「通常盤」をリリース
※ディスクユニオンでの流通は「通常盤」のみとなります。
※ソングリストは仮です。実際の曲順とは異なる場合がございます。


ファーストアルバム『伝えたい箏‐koto』との一番の違いは全曲独奏ということである。箏1面だけでの可能性を追求し、彼女の今の想いを音にした作品となっている。一般的な箏の約2倍の絃数を自由自在に操り、箏ならではの技法を巧みに使っている。又、聴く人を飽きさせないダイナミックかつ繊細なアレンジ力には目を見張るものがある。ぜひライブで聴いてみたくなる。収録曲は日本の童謡・Jポップから世界の民謡まであえて多ジャンルに渡る曲を選曲し、老若男女に親しまれる内容となっている。まさに時代の声に応えた邦楽器の新しい楽しみ方を見出した画期的な作品と言えよう。洋楽器による音楽が主流のこの国で、やはり日本の癒しの音色が届けられるのは、紛れもなくこの1枚である。我が家でお酒と共に心にしみるひとときを味わうには絶品である。

《LIVE Tours》
★10月11日(水)The Glee(東京都新宿区神楽坂3-4 AYビルB1)
★10月21日(土)Js Cafe( 滋賀県守山市梅田町7-28)
★10月22日(日)The ANSONIA CAFE
★11月3日(金)Live Bar MoonRiver
★11月4日(土)LIVE & CAFE ROXX
★11月11日(土)Cafe RagTime Classics(福井県越前市幸町4-7)
★11月12日(日)もっきりや (石川県金沢市柿木畠3-6)
Kasumi Watanabe / http://www.kasumiwatanabe.net

<渡邊 香澄プロフィール>
4歳より箏を大畠博子氏、大畠菜穂子氏に師事。東京藝術大学音楽学部邦楽科箏曲生田流専攻卒業。在学中CD「Memorial of 20th」を制作。その後、桐朋学園芸術短期大学にて邦楽アンサンブルを学ぶ。文化庁新進芸術家国内研修制度の研修生として、25 絃箏を野坂操壽氏に、作曲を肥後一郎氏に師事。2006年、2008年にリサイタルを開催。2009年より本格的にライブやコンサート活動を開始する。これまでの古典演奏に加え、25絃箏による巾広い楽曲を取り入れた演奏スタイルは、邦楽ファンのみならず、初めて箏を聴く人にも喜ばれている。2016年3月T-TOC RECORDSよりオール箏によるメジャーデビューアルバム「伝えたい箏-koto-」を発売。時代を問わず愛されている曲を独自にアレンジし、25絃箏と17絃箏だけで全曲を奏者一人で創り上げたこの1枚は、「これまでにない」と好評を博す。また、雑誌 オーディオアクセサリーに於いて、評論家の選ぶ優秀盤オーディオグレードにも選出された。2016年7月HYPER JAPAN(ロンドン)に出演。2017年2月JAPANEXPO THAILAND(バンコク)に出演。ジャンルにとらわれない演奏スタイルが認められ、現在多方面からの生演奏やレコーディング依頼に応えるなど積極的に活動している。常に箏の可能性を追求し続け、演奏技術を磨くと共に、後進の指導にも意欲的に取り組んでいる。

ソングリスト

  • 1.私のお気に入り(My favorite things)
  • 2.五木の子守歌
  • 3.庭の千草(The last rose of summer)
  • 4.アルハンブラの思い出
  • 5.こきりこ節
  • 6.
  • 7.海の声
  • 8.下弦の月
  • 9.峠の我が家(Home on the Range)
  • 10.朧月夜
  • 11.未来への扉