EMILIO SANTIAGO (1975)

EMILIO SANTIAGO エミリオ・サンチアゴ

180g Vinyl LP

  • レコード
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

3,024円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 再入荷
  • 試聴可能
レーベル
FAR OUT RECORDINGS
国(Country)
UK
フォーマット
LP(レコード)
規格番号
FORDIS04
通販番号
1007700866
発売日
2018年07月19日
EAN
5060211503641
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

アジムスやアルトゥール・ヴェロカイの近年作品、そしてブラジリアン・クラシックの精力的な再発ワークを続けるUKのファーアウト新作は、ボサノヴァ~MPBの男性シンガー、エミリオ・サンチアゴがCIDレーベルに残した1975年のセルフ・タイトル作を久々に復刻!

ド頭ブレイク "Bananeira" からスタートし、ドナートのエレピによるヴォイシングとエミリオのジェントル・ヴォイス、流麗なストリングスが有機的に絡み合うメロウ極まりない"Quero Alegria"、テーマ部のスキャットとエレピやフルートのオブリガートの絡みが印象的なサンバ "Batendo a Porta"、ジョルジ・ベンのペンによるブルージーな英詞ソウル・トラック "Brother"、イヴァン・リンスの楽曲を当時のイヴァン・バンドのリズム・セクション「モード・リヴリ」とともにカバーした "Doa a Quem Doer" ...。当時のブラジルを代表するSSW達が生み出した珠玉のレパートリー、ジョアン・ドナート、ドリ・カイミ、イヴァン・コンチ (アジムス)、ウィルソン・ダス・ネヴィス、ヴィクトル・アシス・ブラジルといった名うての音楽家による存在感あるバッキングと的確なアレンジ。そのすべてが有機的に絡みあい眩いほどに輝いているが、そんなポジティブな関係性を引き出しているのは「ブラジルのナット・キング・コール」とも呼ばれ多くの音楽家から厚い信頼を獲得していた稀代のインタープリター、エミリオの歌声あってこそだろう。

歌、演奏、作編曲といった面で間違いなく世界最高峰のクオリティを発揮していた1970年代ブラジル音楽の真のクラシックとして、DJ、ブラジル音楽ファンはもちろん、すべての音楽ファンに一度は耳にしていただきたい稀代の名作である。

Far Out Recordings proudly presents the 1975 self-titled debut album from Brazilian vocalist and bossa nova luminary Emilio Santiago. Nicknamed ‘the Nat King Cole of Brazil’, Santiago was a master bossa balladeer and a top-class crooner. But he is known equally for his Brazilian funk, soul and boogie classics. One of his best know is album opener ‘Bananeira’, a party-starting version of the song originally written by Joao Donato and Gilberto Gil. ‘Brother’ is a smooth-grooving killer with great horn arrangements and a huge backing choir, while ‘La Mulata’ is a soulful, swinging salsa stepper.
Originally released on the CID label, the album showcases the full range of Emilio’s talents, while paying homage to some of Brazil’s greatest composers, including Jorge Ben, Marcos and Sergio Valle and Ivan Lins among others.
The credits on the album are a ‘who’s who’ of Brazil’s greats, with João Donato on keys, Wilson das Neves, Ivan ‘Mamão’ Conti and Paulinho on drums, Durval Ferreira, Carlos Roberto Rocha and Helio Delmiro on guitar, Ariovaldo, Orlandivo, and Chacal on percussion, Danilo Caymmi on flute, a brass section featuring Victor Assis Brasil, Edson Maciel and Jesse Sadoc, and backing vocals from Jaime and Nair, Lúcia Lins, Jurema and Marcio Lott.

ソングリスト

  • Bananeira
  • Quero Alegria
  • Porque Somos Iguais
  • Batendo a Porta
  • Depois
  • Brother
  • La Mulata
  • Nega Dina
  • Doa a Quem Doer
  • Sessão Das Dez