STRAIGHT FROM THE HEART(LP)

IAN WILLSON イアン・ウィルソン

  • レコード
  • 売切
  • (注文不可)

3,850円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
レーベル
BE WITH RECORDS
国(Country)
UK
フォーマット
LP(レコード)
規格番号
BEWITH085LP
通販番号
1008100065
発売日
2020年04月28日
EAN
4251648416753
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

知る人ぞ知るブルー・アイド・ソウルの自主制作盤。いかにも80年代的な、打ち込みガンガンのディスコ・ビートが気持良い!

カリフォルニア出身のサックス奏者、イアン・ウィルソンの85年リリースのソロ・デビュー作です。彼は正直ほとんど名の知られていない音楽家ですが、このアルバムは、モダン・ソウル系のDJやコレクター達などを中心に人気が高く、オークションなどでも高額で落札されているのを目にします。確かにアルバムを通して高いクオリティを保った一枚といえるでしょう。

イアン・ウィルソンは本来はサックス奏者でありながら、このアルバムでは、ギターとベース以外のほとんどの楽器をこなす八面六臂ぶりをみせています。サウンドはいかにも80年代中盤のアルバムらしく、打ち込みを主体としたディスコチックなダンス・サウンドです。ダンサブルなブルー・アイド・ソウル~AORとでも言いましょうか。A面2曲目のタイトル・トラック「StraightFromTheHeart」や、A4「FourInTheMorning」あたりが象徴的でしょうか。

ボーカルは男性歌手のFrankBinerが3曲、女性歌手のC.Hoatsonが1曲歌う他は、イアン本人が担当。彼の、朴訥とした歌声が妙にシティ・ポップ調の楽曲にハマっていて、プロ歌手とはまた違った味わいを出しています。そんな中で4曲目の「IfIWereYou」は、唯一打ち込み抜きのバンド・サウンドと女性ヴォーカルが印象的なボサ~ジャズ・ナンバー。

こうして聴くとバンド・サウンドって本当に艶があって良いですね。他にも、ヘヴィー・ファンク調のB4「AGameCalledLove」あたりもおススメです。


ソングリスト

  • A1.THINK ABOUT IT
  • A2.STRAIGHT FROM THE HEART
  • A3.SEQUEL, BABY LET'S PLAY
  • A4.FOUR IN THE MORNING
  • A5.IF I WERE YOU
  • B1.TWO IS BETTER THAN ONE
  • B2.SONG FOR KATELYN
  • B3.FUNK INVASION
  • B4.A GAME CALLED LOVE
  • B5.WAITING FOR SHARON