CUMBIA DEL PICHAMAN / PUYA DEL EMPRESARIO

MERIDIAN BROTHERS メリディアン・ブラザーズ

オクラ印新譜! コロンビアの首都ボゴタのアンダーグラウンド・シーンからロス・ピラーニャスやオンダトロピカのギタリストとしても名を馳せる奇才エブリス・アルバレスのプロジェクト=メリディアン・ブラザーズ!

  • レコード
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

1,650円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 試聴可能
レーベル
オクラ印
国(Country)
JPN
フォーマット
7"(レコード)
規格番号
OKRA303
通販番号
1008179848
発売日
2020年09月30日
EAN
2299991000068
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

フレンテ・クンビエロ、ロンペラージョに続いて、コロンビアの首都ボゴタのアンダーグラウンド・シーンから、ロス・ピラーニャス、オンダトロピカのギタリストとしても名を馳せる奇才エブリス・アルバレスのプロジェクト=メリディアン・ブラザーズがオクラ印に登場。BONGO JOE からリリースの LP や CD とは異なる、オクラ印独自マスタリングもあついです!

前作『¿Dónde Estás María?』でのアコースティックなチェンバー・ラテン・ポップから一転、15年以上に渡って試行錯誤を繰り返したというリディアン・ブラザーズ流エレクトロニカ・サウンドで、全編クンビアに向き合った新作『CUMBIA SIGLO XXI』から、特にダンスフロア志向の4曲を7インチ二枚でリリースします。まずはその第一弾。A面はダスティ・スプリングフィールドのクラシック「Son of a Preacher Man」を、なんとバランキージャのカーニバルを舞台にした際どいポルノ・ヴァージョン(!)へと換骨奪胎。キャッチーでドリーミーなクンビアへとアップデートしたメリディアン・ブラザーズ史上もっともストレートなパーティー・チューン。B面は、アルバム第1弾シングルとしてサブスクで公開されて以来、世界中でハマる人続出。サイドチェインの効いたノイジーなシンセのリフと、ヴィンテージ・ドラム・マシンでトレースしたコロンビアのアフロ系リズム=プージャのリズムがクセになる中毒性の高い楽曲。

LP/CDとは異なるオクラ印独自のマスタリング。トロピカル・ミュージックに於けるマスタリング&カッティングの第一人者、SOUNDWAYの一連の作品を手掛けるThe CARVERY UKのフランキー・メリットが担当。スペイン語の歌詞と、日本ラテン界のレジェンド、伊藤 Mofongo 嘉章による日本語対訳付き。

プロデュース : エブリス・アルバレス
ペインティング : グレンダ・トラド
デザイン : 相馬衣里
歌詞日本語対訳 : 伊藤 Mofongo 嘉章
マスタリング&ヴァイナル・カッティング : フランキー・メリット(The Carvery UK)

■ メリディアン・ブラザーズ(MERIDIAN BROTHERS)

コロンビアの首都ボゴタを拠点に、ロス・ピラーニャスやオンダトロピカでも活躍するプロデューサー/コンポーザー/ギタリスト、エブリス・アルバレスのプロジェクト。マリオ・ガレアーノのフレンテ・クンビエロ、ペドロ・オヘダのロンペラージョと同様、ライヴ時にはバンド編成となるが、メリディアン・ブラザーズもまたエブリズ・アルバレスのソロ・プロジェクトである。
イノセントな好奇心の赴くままに様々な音楽的実験をパッケージした『Meridian Brothers VI』(2009)でコロンビア国内外の一部の音楽マニアから注目を引くと、英SOUNDWAYから『Desesperanza』(2012)、『Salvadora Robot』(2014)、『Los Suicidas』(2015)、『¿Dónde Estás María?』(2017)と、毎回異なるアプローチでトロピカル・ミュージックの冒険に挑んだ話題作をリリース。シーンを牽引するバンドのひとつとして世界中から注目を集め、その中でも際立ったポッス・センスと実験性が同居するユニークなサウンドは一際愛されることとなった。
『CUMBIA SIGLO XXI=21世紀クンビア』は、マチューカ(MACHUCA)やフェリート(FELITO)といったバランキージャのレーベルが、1970年代後半から90年代前半にかけて、コロンビアの伝統音楽にディスコやファンク、サイケデリック・ロックなどを大胆に採り込んだ作品をリリースしていたのをヒントに、その手法を現在へとドラスティックにアップデート。エブリス・アルバレスが「もう諦めかけていた」という”自前のアナログ合成音やコンピューターのアルゴリズムなどあらゆる手法を用いてエレクトリック・ミュージック作品をつくる”というアイディアを、15年以上に及ぶ試行錯誤の末に実現させた渾身のアルバムである。

ソングリスト

  • A.CUMBIA DEL PICHAMAN
  • B.PUYA DEL EMPRESARIO