【発売】ネクスト・ヴェロカイ! アマード・マイタの唯一作(1972)が遂にリイシュー!

  • LATIN / BRAZIL
  • ニュース
  • 2018.12.27

    • LINE

    • メール
    ついについに...!! ブラジル・レア・ヴァイナルのTOP WANTのひとつ、アマード・マイタのカルト的な人気を誇る唯一作(1972)が初のリイシュー!



    ブラジリアン・レアグルーヴの名盤として以前より評価の高かったブラジルのシンガーソングライターにしてマルチ器楽奏者のアマード・マイタが、1972年にコパカバーナ・レーベルに残した名盤 『AMADO MAITA』 がついについにヴァイナル・リイシュー決定。エヂソン・マシャードも参加した大人気の冒頭曲A1を筆頭に、迫力溢れるホーン・アンサンブルと重厚感あるビートが全編を彩る名作。当時の妻であり現在は音楽評論家、研究家としても活動するミリアン・タウブキン、そしてシンガーソングライターとして世界的な評価も高い実の娘のルイーザ・マイタの活躍もあり、近年ブラジルでもアマードの功績に再び注目が集まっていたものの、権利関係が複雑との噂で、これまで一度もCDやレコードの再発がなかった作品。同時にブラジリアン・ヴァイナル・コレクターの間でも、ネクスト・ヴェロカイ的な作品として評価が高まり、オークションに出品されれば軽く1,000USDを超える価格で取引されている。ブラジル音楽ファン、レコード・ファンの双方にとってこのたびのリイシューはまさに待望と言えるだろう。


    • 前の記事へ

      ディスクユニオン ラテン・ブラジル・ワールドが選ぶ年間ベスト・アルバム大賞2018

      LATIN / BRAZIL

      2018.12.31

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      【限定入荷】 POLYSOM レーベルのヴァイナル復刻がまとめて入荷!

      LATIN / BRAZIL

      2018.12.26

    • 一覧へ戻る