【特集】 SAMBA良質作品が続々と! 予約&入荷情報まとめ!

  • LATIN / BRAZIL
  • ニュース
  • 2019.04.05

    • LINE

    • メール
    チン・ベルナルデス、フーベルなどなどブラジル新世代音楽家の活躍が目立つ一方で、ブラジル音楽の代名詞ともいえるサンバも注目作が目白押し!というわけで久々となるサンバ注目作ニュースです!


    まずは今年のリオのカーニバルで優勝を果たした老舗中の老舗、マンゲイラのヴェーリャ・グアルダ達による新作!気になる内容はマンゲイラの礎を築いたシンガーソングライター、ジェラルド・ペレイラ曲集。ゲストでゼカ・パゴヂーニョ、マリア・ベターニア、アルシオーニ、レシ・ブランダォンが参加。

    そしてもう一枚は惜しくも2018年9月に他界したアフロサンバの偉大な作曲家、ウィルソン・モレイラの遺作となるアルバム! 往年の力強さやキレは望めないが、そのぶん味わいを増した歌い口、そして基本的にカヴァコとパンデイロのリズムで引っ張る今どき珍しいくらいに潔いバッキング、ヴェーリャグアルダ系サンバの象徴ともいえるみんなで歌おう的ユニゾンの爽やかさも最高です!
    そしてこちらは注目の新興レーベル「SINDICATO」から激良タイトル×4!

    バイーア・サンバのレジェンドが録音した73年の人気盤 『SAMBA DA BAHIA』へのオマージュ作に始まり、サンバの魅力を現代に伝える伝道師ギリェルミ・ラセルダの 4th アルバム、ジョアン・ノゲイラの甥っ子というヂドゥ・ノゲイラの王道サンバ作品、ペルナンブカーノのサンビスタ、トイーニョ・メロヂアが68歳にしてリリースするデビュー・アルバム...とどれも特濃! これはサンバ・ファンにはたまらないラインナップです!
    現代サンバを牽引するマルチナーリアの新譜も間もなく入荷。今回は意外にもヴィニシウス・ヂ・モラエス曲集だが、彼女がもともと持つ洒脱なサンバのエッセンスと現代的なセンスがうまく融合したアレンジになっている。

    もう一枚、これからのサンバを担っていきそうな注目男性シンガー、ドウグラス・レモスのデビュー作もぜひ押さえてほしい一枚。歌手として今後もいろいろなところで活躍しそうな才能は久々といえるでしょう。
    そしてこちらは昨年からのロングセラー品! モナルコ、マルチーニョ・ダ・ヴィラの衰え知らずの新譜、そして現代サンバを担うネゴ・アルヴァーロの好内容作品、とどれも定評のある作品ばかりです!
    インディペンデントなプロダクトも多く、いつ入手困難になるかわからないものばかりです。気になる作品はどうぞお早目に。